地球環境防災学科・地球環境学科・大学院 地球環境学コース

2018.04.16  
【報道発表】地球環境防災学科石田祐宣助教の共同研究成果「白神山地でも温暖化によって土壌から排出される二酸化炭素が増加-長期の疑似温暖化実験で土壌有機物の分解が促進される-」
2018.03.03  
2018年3月3日(土)柴正敏先生最終講義が行なわれました。
2017.12.18  
陸奥新報 2017年12月18日(月)掲載記事『地球温暖化 身近に』(地球環境防災学科 石田助教)
2017.07.29  
陸奥新報 2017年7月29日(土)掲載記事『少なからず処分場所ある』(地球環境防災学科 梅田教授)
2017.07.04  
【報道発表】地球環境防災学科野尻幸宏教授の共同研究成果 「海洋酸性化に耐性を持つサンゴの存在を明らかにすることに成功」 (NHK沖縄放送局,琉球朝日放送でも報道されました。)
2017.06.14  
東奥日報 2017年6月14日(水)掲載記事『こんな身近に活断層』(地球環境防災学科 根本講師,小菅教授)
2017.05.19  
東奥日報 2017年5月19日(金)掲載記事『沖縄亀ヶ岡式土器片 制作地は西日本』(地球環境防災学科 柴教授)
2017.05.07  

地球環境防災学科・野尻幸宏教授の海洋酸性化に関するコメントが2017年5月7日(日)日本経済新聞30面に掲載されました。

2017.04.15  
陸奥新報 2017年4月15日(土)掲載記事『元気です』(地球環境学科4年 岡部諒雅さん)
2017.03.10  
2017年3月10日(金)有賀義明先生最終講義が行なわれました。
2017.02.10  
陸奥新報 2017年2月10日(金)掲載記事『急な気候変動 氷期中間頻発』(地球環境防災学科 堀内助教)
2016.09.12  
地球環境防災学科 髙橋龍一助教の解説「宇宙密度揺らぎの振幅問題―標準宇宙論への警告!?―」が『日本物理学会誌』第71巻第9号に掲載されました。
2016.04.13  
東奥日報 2016年4月13日(水)掲載記事『宇宙線 19万年前強さ2倍』,陸奥新報 2016年4月13日(水)掲載記事『宇宙線の強度変動解明』(地球環境防災学科 堀内助教)
2016.04.01  
野尻幸宏教授(地球環境防災学科)が日本海洋学会より“2016年度海洋学会宇田賞(平成28年4月1日)”を受賞
2016.03.16  
大学院博士前期課程1年の齊藤 司さん(地球環境学コース)が日本農業気象学会2016年全国大会で優秀ポスター賞を受賞しました。
2016.01.07  
東奥日報 2016年1月7日(木)掲載記事『県内7カ所でも10秒の振動観測』(附属地震火山観測所 小菅教授)
2014.03.23  
陸奥新報 2014年3月23日(日)掲載記事『宇宙線の研究紹介 弘大 倉又教授が最終講義』
2014.03.13  
陸奥新報 2014年3月13日(木)掲載記事『地震調査紹介,伝承訴え 弘大 佐藤教授が最終講義』
2013.10.30  
東奥日報 2013年10月30日(水)掲載記事『竜巻,ヤマセ研究紹介 学会支部が気象講演会』(地球環境学科 児玉准教授)
2013.07.04  
東奥日報 2013年7月4日(木)掲載記事『竜巻,梅雨時に起きやすい』(地球環境学科 石田助教)