大学院紹介


 大学を卒業した学生はさらに深く広く,研究・学修ができる大学院へ進む道があります。
 通常の修業年限は博士前期課程が2年,博士後期課程が3年です。

学びのポイント

先進的な教育・研究環境のもとでの高度専門教育/大学院理工学研究科

 理工学部に接続する大学院理工学研究科博士前期課程・博士後期課程では,先進的な研究施設のもと,理学と工学を融合した理工融合教育を特徴とする理工学部での教育・研究をさらに進めた高度専門教育を受けることができます。

学際性を重視した理工融合を特徴とする高度専門教育/博士前期課程

 博士前期課程では,基礎学問を探究する理学及び産業に直結した工学といった従来の既成概念にとらわれず,基礎と応用及びその境界領域を含む,学際性を重視した理工融合を特徴とする高度専門教育を行っています。

総合的な判断力を持った高度専門職業人及び研究者の養成/博士後期課程

 博士後期課程では,理学や工学の既成概念にとらわれず,科学技術の高度化・多様化に順応できる幅広い視野を持ち,学際的課題を解決し得る柔軟で総合的な判断力を有する高度専門職人及び研究者の養成に重点を置いた教育を行っています。

 

理工学研究科 博士前期課程

2020年度以降入学

専 攻 コース 研究分野
理工学専攻 数物科学コース 数理科学 応用数学 素粒子物理学 宇宙物理学 固体物理学
物質創成化学コース 有機化学 物理化学 無機・分析化学
地球環境防災学コース 宇宙線宇宙論 気象学 地質学・岩石学 地震学
電子情報工学コース 電子工学 電子情報機器学 情報工学 計算工学
機械科学コース 機械材料機能学 多様系熱流体工学
計測制御工学 医用システム工学
自然エネルギー学コース エネルギー材料工学 エネルギー変換工学 海洋エネルギー工学
新エネルギー転換創造工学 地球熱利用総合工学

2019年度以前入学

専 攻 コース 研究分野
理工学専攻 数理科学コース 数理科学
物理科学コース 固体物理学 宇宙物理学
物質創成化学コース 有機化学 物理化学 無機・分析化学
地球環境学コース 宇宙線宇宙論 環境化学 気象学
地質学・岩石学 地震学 自然防災工学
電子情報工学コース 電子工学 電子情報機器学 情報工学 計算工学
知能機械工学コース 機械材料機能学 多様系熱流体工学
計測制御工学 医用システム工学
新エネルギー創造工学コース エネルギー材料工学 エネルギー変換工学
地球熱利用総合工学 海洋エネルギー工学
社会人入学特別コース ※上記7コースから主専門教育コースを選択
※主専門教育コース以外の6コースから副専門教育コースを選択

理工学研究科 博士後期課程

専 攻 専攻分野 教育研究上の目的
機能創成科学 機能材料科学  現代の技術革新を支える新機能・高付加価値材料の創成とその高機能デバイス設計・開発を目指して,化学的手法を用いる機能材料科学と物理的手法を用いる材料プロセス工学の教育研究を推進し,自立して研究開発ができる研究者や高度専門職業人を養成する。
材料プロセスエ学
安全システム工学 環境安全科学  自然防災や社会的防災に対する危機管理やセキュリティ対策等に関し総合的・学際的見地から取り組み,地域社会の質向上と同時に,地域の安全管理に実践的に関わることのできる研究者や高度専門職業人を養成する。
システムエ学

私の研究生活

銀河系の運動と
ダークマターの関係について探究しています

理工学研究科 博士前期課程
理工学専攻 地球環境学コース1年(平成29年度)
大久保 悠花さん [北海道札幌国際情報高校]

 小さい頃から宇宙について興味があり,宇宙・天文学といったことを研究してみたいと思っていました。 さらに地震・気象にも関心があったので,全てが学べる地球環境学科を志望。大学院では宇宙分野を選択し, 様々な先行研究をもとに数値計算やシミュレーションを行いながら,銀河系の運動とダークマターの関係について研究しています。 行き詰まる事もありますが,そんな時には先生の異なる観点からの助言がヒントになります。

教員からのアドバイス

大学の学部生では学べない
高度で最先端の内容を探究できるのが魅力

地球環境学コース
高橋 龍一助教

 大学院ではより高度で最先端の内容を英語論文で学びます。そして論文や研究会への参加を通じて, 世界中でどのような研究がリアルタイムで進められているのかを把握することができます。 英語の文献を読むことで英語読解力は上がりますし,自身でプログラミングを作成し数値計算を用いながら問題を解く能力が身につきます。 他コース向けの授業も用意されており,専門以外の内容もオムニバス形式で学ぶことができるのも特色です。

このページの先頭へ戻る