弘前大学理工学部地球環境学科 弘前大学 理工学部 地球環境学科
学科紹介
関連施設
理工学部附属地震火山観測所
寒地気象実験室
カリキュラム
授業紹介
研究紹介
卒業後の進路
入試情報
Q&A
関連リンク
弘前大学,理工学部,地球環境学科,宇宙物理学,宇宙線,重力波,高エネルギー物理学,異常気象,酸性雨,海洋変動,水質汚染,古環境,地下資源,地球の内部構造,火山活動,地殻変動,地震,災害対策,外圏環境学分野,大気水圏環境学分野,地圏環境学分野,自然防災工学分野
地球環境学科は、2016年度より『地球環境防災学科』となりました。

・2020年11月4日 東奥日報 2020年11月4日(水)掲載記事『「まさかり」の地力 下北ジオパーク再認定審査⑤ 研究 弘大参画 知見積み上げ』(地球環境防災学科 岩石鉱物学グループ 折橋教授ら)を掲載しました。
・2020年10月29日 前田 拓人 准教授(地球環境防災学科)が日本地震学会論文賞を受賞しました。
・2020年10月10日 地球環境防災学科 折橋 裕二 教授がNHK BSプレミアム「体感!グレートネイチャー」に出演されました。
・2020年7月31日 国立大学56工学系学部ホームページ「おもしろ科学実験室」に,地球環境防災学科 高橋 龍一 准教授の記事が掲載されました。
・2020年5月9日 折橋 裕二 教授(地球環境防災学科)が番組制作協力したNHK BSプレミアム「日本人の知らない!過激&絶景アドベンチャーツアー」が放送されました。
・2020年4月21日 高橋 龍一 助教の研究成果が,研究成果公開パンフレットに掲載されました。
・2020年4月16日 理工学研究科 石田 祐宣 准教授が取材協力したNHK BSプレミアム「ダークサイドミステリー」が放送されました。
・2020年4月11日 理工学研究科 岩鉱グループが番組制作協力したNHK BSプレミアム「グレートネイチャー」が放送されました。
・2020年3月6日 博士後期課程1年の雨澤 勇太さん(前田研究室)が,令和元年度弘前大学学生表彰を受賞しました。
・2020年2月7日 理工学研究科博士後期課程1年 雨澤 勇太さんの学術論文が,国際誌の2019年ハイライト論文として表彰されました。
・2020年1月21日 陸奥新報 2020年1月21日(火)掲載記事『紀元前660年ごろに宇宙線増加 巨大太陽面爆発 複数回か』,東奥日報 2020年1月21日(火)掲載記事『紀元前660年- 太陽表面 超巨大爆発 弘大など宇宙線増減解析』(地球環境防災学科 堀内 一穂 助教ら)を掲載しました。
・2020年1月21日 【プレスリリース】地球環境防災学科 堀内 一穂 助教らの共同研究成果「紀元前660年頃の宇宙線増加の詳細を解明」を掲載しました。
・2020年1月7日 高橋 龍一 助教(地球環境防災学科)が弘前大学学術特別賞(遠藤賞)を受賞しました。
・2019年12月7日 デーリー東北 2019年12月7日(土)掲載記事『三八は揺れやすい』(地球環境防災学科 片岡教授)を掲載しました。
・2019年10月27日(日)に「楽しい科学・サイエンスへの招待」が開催されました。
・2019年8月20日 弘前大学WEBマガジン『HIROMAGA』に地球環境防災学科4年 沼田 翔伍さんと中尾 魁史さんのインタビューが掲載されました。
・2019年8月10日(土)に「弘前大学 オープンキャンパス」が行われました。
・2019年6月28日 弘前大学WEBマガジン『HIROMAGA』に地球環境防災学科 野尻幸宏教授のインタビューが掲載されました。
・2019年6月25日 陸奥新報 2019年6月25日(火)掲載記事『日本海東縁の大地震に注意 津波到達早く備え必要』(地球環境防災学科 小菅 教授)を掲載しました。
・2019年6月21日 陸奥新報 2019年6月21日(金)掲載記事『過去の太陽活動 正確に』(地球環境防災学科 堀内 助教)を掲載しました。
・2019年6月20日 【プレスリリース】地球環境防災学科 堀内 一穂 助教らの共同研究成果「過去の太陽活動/宇宙線変動史を解明する新手法を開拓」を掲載しました。
・2019年6月14日 陸奥新報 2019年6月14日(金)掲載記事『災害用ダイヤル知って 公衆電話会青森支部 弘前市に冊子寄贈』(地球環境防災学科 片岡教授)を掲載しました。
・2019年6月3日 東奥日報 2019年6月3日(月)掲載記事『縄文時代 九州-沖縄物流ルート 土器調査で弘大証明』(理工学研究科 柴 正敏 名誉教授ら)を掲載しました。
・2019年4月27日 地球環境防災学科 折橋 裕二教授が製作協力したNHK BSプレミアム「グレートネイチャー」が4/27(土)に放送されました。
・2019年4月26日 弘大WEBマガジン『HIROMAGA』に地球環境学科(現:地球環境防災学科)卒 小樽市役所 南部 真人(なんぶ まなと)さんのインタビューが掲載されました。
・2019年4月3日 【報道発表】地球環境防災学科 堀内 一穂 助教らの共同研究成果「世界で初めて地下氷から北極海の海洋環境を復元」を掲載しました。
・2019年3月1日 【報道発表】地球環境防災学科 眞崎良光 特任助教らの共同研究成果「気候変動による影響の連鎖の可視化に成功」を掲載しました。
・2019年2月20日 弘大WEBマガジン『HIROMAGA』に地球環境学科(現:地球環境防災学科)卒 西目屋村地域おこし協力隊 入野谷 千代子さんのインタビューが掲載されました。
・2018年11月12日 大学院博士前期課程地球環境学コース2年の雨澤 勇太さんが日本地震学会2018年度秋季大会にて日本地震学会学生優秀発表賞を受賞しました。
・2018年10月30日 大学院博士前期課程地球環境学コース2年の雨澤 勇太さん(小菅研究室所属)が第7回4校学術交流会で優秀発表賞と英語プレゼン優秀賞を受賞しました。
・2018年10月21日(日)に「楽しい科学・サイエンスへの招待」が開催されました。
・2018年8月26日 デーリー東北 2018年8月26日(日)掲載記事『防災教育の充実を』(地球環境防災学科 片岡教授)を掲載しました。
・2018年8月26日 東奥日報 2018年8月26日(日)掲載記事『十勝沖地震 教訓に 発生50年迎えシンポ』(地球環境防災学科 片岡教授)を掲載しました。
・2018年8月25日(土)に「1968年十勝沖地震50周年シンポジウム-過去を見つめこれからを考える-」が行われました。
・2018年8月8日(水)に「弘前大学 オープンキャンパス」が行われました。
・2018年8月1日 陸奥新報2018年8月1日(水)掲載記事『災害用伝言の周知を』(地球環境防災学科 片岡教授)を掲載しました。
・2018年7月29日 東奥日報2018年7月29日(日)掲載記事『災害時は「171」活用を』(地球環境防災学科 片岡教授)を掲載しました。
・2018年6月13日 陸奥新報2018年6月13日(水)掲載記事『「青森県の石」紹介』(地球環境防災学科 根本講師)を掲載しました。
・2018年5月28日 東奥日報 2018年5月28日(月)掲載記事『道内出土の亀ヶ岡式土器 成分に津軽の火山灰』『異次元の方法 確立前進』,東奥日報 2018年5月29日(火)掲載記事『破片,雄弁な語り部に』(地球環境防災学科 柴・元教授)を掲載しました。
・2018年5月19日 東奥日報 2018年5月19日(土)掲載記事『弘大で地震シンポ』,陸奥新報 2018年5月20日(日)掲載記事『地震の教訓 後世に』(地球環境防災学科 片岡教授,小菅教授,上原子准教授,前田准教授)を掲載しました。
・2018年5月18日(金)に「地震災害軽減に関するシンポジウム」が開催されました。
・2018年5月17日 陸奥新報2018年5月17日(木)掲載記事『風化や防災意識低下懸念 日本海中部地震から35年』(地球環境防災学科 片岡教授)を掲載しました。
・2018年5月16日 東奥日報2018年5月16日(水)掲載記事『大地震 必ず起こる』(地球環境防災学科 片岡教授,小菅教授)を掲載しました。
・2018年5月15日 陸奥新報2018年5月15日(火)掲載記事『県内活火山,防災対策は』(地球環境防災学科 佐々木講師)を掲載しました。
・2018年4月17日 東奥日報 2018年4月17日(火)掲載記事『白神山地 温暖化で土壌CO2増加』,陸奥新報 2018年4月17日(火)掲載記事『白神山地 温暖化で二酸化炭素増』(地球環境防災学科 石田助教)を掲載しました。
・2018年4月16日 【報道発表】地球環境防災学科石田祐宣助教の共同研究成果「白神山地でも温暖化によって土壌から排出される二酸化炭素が増加-長期の疑似温暖化実験で土壌有機物の分解が促進される-」を掲載しました。
   「地域に密着した視点とグローバルな観点から、地球環境問題や自然災害など日本と世界が直面する課題に対応できる力」を身につけることを重視した教育を提供する観点に立って、学科のカリキュラム・ポリシーをつぎのように定めます。
自然科学と社会科学の知識を活かし、ローカルなスケールからグローバルなスケールまでの多様な現象を分析し、本質的な課題を見いだす力を養います。
高度専門職業人として地球環境問題の解決や自然災害の防止に取り組み、科学・技術や社会の課題の解決に取り組むための力を養います。
日本と世界が直面する問題に対応し、地球環境や自然災害に関する課題や、科学・技術や社会の問題を解決するために必要な知識や技能を学びつづける力を養います。
地球と人類のより良い共存を目指すことの自覚
地球環境を構成する種々の要素に関する基礎知識の修得
自然災害をもたらす自然現象とそれを防ぐ工学的技術の理解
地球環境や自然防災に関連してこれまでに蓄積されてきた研究成果および最新の研究動向の理解
地域に密着した視点とグローバルな観点の両面から、地球環境問題や自然災害の抑止・軽減に対応できる能力の修得
問題解決に向けて、計画的に仕事を進め、まとめる能力の修得
仕事の成果や意見を具体的に表現し、伝達する能力の修得