トピックス

2021.07.11
東奥日報『静止気象衛星 巨大アンテナ搭載,台風観測詳細に 弘大・岡﨑助教ら解析』(地球環境防災学科 岡﨑 淳史 助教)を掲載しました。
2021.07.07
【プレスリリース】地球環境防災学科 岡﨑 淳史 助教らの共同研究成果「台風の強風予測を改善 -もしも静止気象レーダ衛星があったら-」を掲載しました。
2021.05.11
デーリー東北『火山灰層要因,揺れやすく』(地球環境防災学科 片岡 俊一 教授)を掲載しました。
2021.04.05
弘前大学パンフレット(HIROSAKI UNIVERSITY RESEARCH HIGHLIGHTS 2020)「弘前大学の旬な研究者」に,当学科谷田貝亜紀代教授代表の機関研究(R1~R3年度)「アジア降水データAPHRODITE の改良更新と降雪過程理解への応用」が掲載されました。
2021.03.31
2020年度日本地質学会東北支部総会代替企画のお知らせ(地球環境防災学科 折橋 教授が講師として動画を作成)を掲載しました。
2021.03.23
令和2年度弘前大学学位記授与式が挙行され,地球環境防災学科65名が卒業しました。当学科より、白川彩乃さんが答辞を述べました。
2021.03.03
【2021年3月19日】公開シンポジウム「白神・青森の大地から見えてくる温暖化の将来」開催のご案内(事前登録制3/17締切)
2021.03.01
地震学分野に髙野智也助教,自然災害科学分野に岡﨑淳史助教が着任しました。
2021.02.27
小菅正裕先生の最終講義が行われました。
2021.01.27
陸奥新報記事『震災10年 取り組み紹介 弘大リレーシンポ開始』(地球環境防災学科 前田 拓人 准教授,上原子 晶久 准教授)を掲載しました。
2020.11.25
大学院博士前期課程1年 佐藤 亜樹さん(地球環境防災学コース)が,日本質量分析学会同位体比部会で優秀口頭発表賞を受賞しました。
2020.11.04
東奥日報記事『「まさかり」の地力 下北ジオパーク再認定審査 研究 弘大参画 知見積み上げ』(地球環境防災学科 岩石鉱物学グループ 折橋教授ら)を掲載しました。

人間と自然が共生できる地球環境の解明

教育理念

    ・「地域に密着した視点とグローバルな観点から、地球環境問題や自然災害など日本と世界が直面する課題に対応できる力」を身につけることを重視した教育を提供する観点に立って、学科のカリキュラム・ポリシーをつぎのように定めます。
    ・自然科学と社会科学の知識を活かし、ローカルなスケールからグローバルなスケールまでの多様な現象を分析し、本質的な課題を見いだす力を養います。
    ・高度専門職業人として地球環境問題の解決や自然災害の防止に取り組み、科学・技術や社会の課題の解決に取り組むための力を養います。
    ・日本と世界が直面する問題に対応し、地球環境や自然災害に関する課題や、科学・技術や社会の問題を解決するために必要な知識や技能を学びつづける力を養います。

具体的な教育目標

    ・地球と人類のより良い共存を目指すことの自覚
    ・地球環境を構成する種々の要素に関する基礎知識の修得
    ・自然災害をもたらす自然現象とそれを防ぐ工学的技術の理解
    ・地球環境や自然防災に関連してこれまでに蓄積されてきた研究成果および最新の研究動向の理解
    ・地域に密着した視点とグローバルな観点の両面から、地球環境問題や自然災害の抑止・軽減に対応できる能力の修得
    ・問題解決に向けて、計画的に仕事を進め、まとめる能力の修得
    ・仕事の成果や意見を具体的に表現し、伝達する能力の修得