弘前大学理工学部物質創成化学科


研究業績

受賞歴

平成12・11・7
日本化学会コロイド部会
コロイドおよび界面化学国際会議最優秀ポスター賞
“Solution Properties of Novel Double-Tailed Fluorinated Anionic Surfactants with Oxyethylene Groups”
平成13・7・3
色材協会
論文賞(共著)
阿部正彦, 近藤行成, 鷺坂将伸, 酒井秀樹, 守田洋一, 貝瀬千尋, 好野則夫, “水中におけるスルホコハク酸型フッ素系界面活性剤ベシクルの形状と大きさ”, 色材, 73, 53-59 (2000).
平成14・12・7
材料技術研究協会
学生論文賞(筆頭著者)
M. Sagisaka, Y. Ozaki, S. Yoda, Y. Takebayashi, K. Otake, Y. Kondo, N. Yoshino, H. Sakai, M. Abe, “Phase Behavior and Interfacial Properties of Water-in-Supercritical CO2 Microemulsions Formed with Aid of Fluorinated Surfactants”, Mater. Technol., 21, 1, 36-42 (2003).
平成17・9・9
日本化学会コロイド部会
第58回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞
“超臨界二酸化炭素逆ミセルの会合形態に及ぼす温度/圧力/水添加量の影響”
平成18・9・9
日本油化学会
ヤングフェロー賞
“水/二酸化炭素マイクロエマルションを構築する界面活性剤の設計と合成”
平成19・5
日本化学会
第87春期年会優秀講演賞
“ナノ水滴を複合した超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの構築”
平成19・12・1
材料技術研究協会
2007年度討論会ゴールドポスター賞
“イオン性二量体化合物の液晶相挙動”
平成19・12・12
財団法人素材工学研究会
第5回素材工学研究奨励賞
“水および二酸化炭素を溶媒とした機能性分子集合体の構築”
平成20・12・6
材料技術研究協会
材料技術研究協会討論会口頭講演賞
“疎水部にメソゲンを持つアニオン界面活性剤の液晶形成挙動”
平成20・12・6
材料技術研究協会
材料技術研究協会討論会ゴールドポスター賞
“水/超臨界二酸化炭素マイクロエマルションによるイオン性物質の可溶化”
平成21・4・13
日本化学会
第89春季年会優秀講演賞(学術)
“水/二酸化炭素系分子集合体の高度安定化と超微粒子合成への応用”
平成21・10・22
色材協会
論文賞(筆頭著者)
Masanobu Sagisaka, Masaya Hino, Hideki Sakai, Masahiko Abe, Atsushi Yoshizawa, “Water/Supercritical CO2 Microemulsions with a Fluorinated Double-tail Surfactant for Syntheses of Semiconductor Ultrafine Particles” J. Jpn. Soc. Colour Mater. 81, 9, 331-340 (2007).
平成22・12・4
材料技術研究協会
ゴールドポスター賞
“超臨界CO2中における二鎖型フッ素系界面活性剤の極性物質の可溶化”
平成23・4・29
日本油化学会
進歩賞
“超臨界二酸化炭素中における機能成分子集合体の構築に関する研究”
平成23
日本油化学会
オレオサイエンス賞
“超臨界二酸化炭素中での界面活性剤の自己組織化挙動”
平成25・10・24
JSCM President Award (The Japan Society of Colour Materials 85th Anniversary Conference (JSCM85) )
Masanobu Sagisaka, Shuho Iwama, Junya Tamada, Atsushi Yoshizawa
Efficient Nanoparticle Synthesis Using Water-in-Carbon Dioxide Microemulsions Prepared with a High-Solubilizing Power Fluorinated Surfactant
平成26
日本化学会コロイドおよび界面化学部会
科学奨励賞
“二酸化炭素を溶媒とした機能性分子集合体の形成と応用”
平成26・5・31
弘前大学表彰