弘前大学理工学部物質創成化学科


先生紹介

教授

吉澤 篤

メール

ayoshizaアットマークhirosaki-u.ac.jp

経歴

1980年 3月 京都大学工学部合成化学科卒業
1982年 3月 京都大学大学院工学研究科合成化学専攻修士課程修了
1985年 3月 京都大学大学院工学研究科合成化学専攻博士課程単位取得退学
1985年 9月 日本鉱業株式会社入社
1995年 株式会社ジャパンエナジー石油研究所主任研究員
1996年 株式会社ジャパンエナジー
LCプロジェクト プロジェクトリーダー
1997年 潟Wャパンエナジー商品開発研究所主任研究員
2000年 3月 潟Wャパンエナジー退社
2000年 4月 弘前大学理工学部教授
2007年 4月 弘前大学大学院理工学研究科教授
2010年 5月〜2012年3月 弘前大学機器分析センター長(併任)
2012年 4月 弘前大学大学院理工学研究科長・理工学部長就任
2012年 4月〜2014年 1月 弘前大学大学院理工学研究科長・理工学部長
2014年 2月 理事(企画担当)・副学長
1994年 東京都立大学工学部非常勤講師
1994年 東京工業大学資源化学研究所非常勤講師
1995年 お茶の水女子大学理学部非常勤講師
2001年 東京工業大学資源化学研究所非常勤講師
2001年 山形大学工学部非常勤講師
2001年 北海道大学大学院理学研究科非常勤講師
2003年 筑波大学非常勤講師
2008年 九州大学先導物質化学研究所客員教授
2011年 岐阜大学工学部非常勤講師

学位

1986年 1月 工学博士(京都大学)
“Equilibrium and Kinetic Study on Molecular Recognition of Uranyl Ion -Molecular Design of Uranophiles”

所属学会

応用物理学会
日本液晶学会
アメリカ化学会
日本化学会
日本ケミカルバイオロジー学会

学会・社会貢献活動

1991年4月〜1999年3月 日本化学会生体機能関連化学部会幹事
1993年4月〜2000年3月 日本学術振興会情報科学用有機材料第142委員会委員
1995年4月〜1997年3月 応用物理学会有機分子バイオエレクトロニクス分科会幹事
2001年5月〜2006年11月 青森県地域結集型共同研究事業「大画面フラットパネルディスプレイの創出」グループリーダー
2002年1月〜2003年12月 日本液晶学会理事
2003年1月〜2003年12月 日本液晶学会誌「液晶」編集委員長
2008年7月〜 日本学術振興会情報科学用有機材料第142委員会委員
2010年1月〜 Liquid Crystals(Taylor&Francis), Editorial Board

競争的資金

科学研究費補助金
JST研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディ(A-STEP)【FS】ステージ 探索タイプ
平成25年度「アモルファスブルー相を用いた新規液晶表示素子の開発」(研究代表者)
経費:1,700千円
JST研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムフィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ
平成23・24年度「新規液晶表示媒体アモルファスブルー相材料の開発」(研究代表者)
経費:1,700千円
JST地域イノベーション創出総合事業 シーズ発掘試験B(発展型)
平成21年度「アモルファスブルー相を用いた新規液晶表示素子の開発」(研究代表者)
経費:5,000千円
JST地域イノベーション創出総合事業 シーズ発掘試験
平成19年度「ブルー相を用いた高速・高コントラスト表示媒体の開発」(研究代表者)
経費:2,000千円
JST地域イノベーション創出総合事業 シーズ発掘試験
平成18年度「高速応答性を有する新規液晶表示媒体の開発」(研究代表者)
経費:2,000千円

受賞歴

平成19年12月
The 14th International Display Workshops, Best Paper Award Atsushi Yoshizawa Electro-optical switching in a blue phase III stabilized by a LC oligomer (Invited paper), Proceedings of the 14th International Display Workshops, 2007, 379-382. http://www.idw.ne.jp/award07.html
平成21年5月31日
平成21年度弘前大学表彰 教育研究活動における顕著な功績
平成22年10月22日
社団法人色材協会 平成22年度論文賞 Masanobu Sagisaka, Masaya Hino, Hideki Sakai, Masahiko Abe, Atsushi Yoshizawa, "Water/Supercritical CO2 Microemulsions with a Fluorinated Double-tail Surfactant for Syntheses of Semiconductor Ultrafine Particles" J. Jpn. Soc. Colour Mater., 2007, 81, 331-340.
公益社団法人日本油化学会 第10回オレオサイエンス賞 鷺坂将伸,吉澤 篤,大竹勝人 "超臨界二酸化炭素中での界面活性剤の自己組織化挙動" オレオサイエンス,2010, 10, 167-177.
平成23年11月11日
平成23年度弘前大学学術特別賞(遠藤賞) 「アモルファスブルー相発現の分子設計および無秩序ー秩序相転移に基づく表示機能の創成」
平成24年9月6日
社団法人日本液晶学会 2012年度業績賞(学術部門) 多彩な形の分子が作り出す新しい液晶の世界の研究