学会発表

2017

  • 錯体化学会第67回討論会 29年9月16日(土)~18日(月) 北海道大学札幌キャンパス

    「陽イオン性ルテニウム多核錯体を用いたニトリルおよびイソニトリルの炭素-窒素三重結合の開裂反応」
    池田舞, 柴山伸, 太田俊, 岡崎雅明 (3PD-001)
    「side-on型シランチオン配位イリジウム錯体と小分子との反応」
    大谷隆介, 谷脇旦,太田俊, 岡崎雅明 (3PD-013)

  • 平成29年度化学系学協会東北大会 29年9月16日(土)~17(日) 岩手大学理工学部

    「Activation of tertiary amines by cationic haloacetylene-coordinated tetrairon clusters」
    Ryo Funada, Masakazu Nishiya, Shun Ohta, Masaaki Okazaki (1P006)
    「Activation of small organic molecules by an iridium complex possessing a side-on-bound phosphasilene ligand」
    Yuuya Terauchi, Tetsuaki Oguro, Shun Ohta, Masaaki Okazaki (1P008)
    「Reactivity of a silanimine-bridged dinuclear ruthenium complex toward isocyanides」
    Shuhei Yamazaki, Masashi Matsudaira, Shun Ohta, Masaaki Okazaki (2P004)
    「An attempt to improve the reactivity of a silanimine-titanium complex and metallacycles derived from the insertion reactions with substrates through the construction of a vacant site at the titanium center」
    Yuuki Hoshiba, Shun Ohta, Masaaki Okazaki (2P006)

  • 日本化学会第97春季年会 29年3月16日(木)~19日(日) 慶應義塾大学日吉キャンパス

    「ペンタメチルシクロペンタジエニルを支持配位子としてもつ4族遷移金属ヒドロシリルアミド錯体の合成と反応性」
    畑中鴻希,太田俊,岡崎雅明 (3G3-13)

2016

  • 第6回CSJ化学フェスタ2016 タワーホール船堀 平成28年11月14日(月)~16日(水)

    「アセチレン水素のヨウ素化を経由したビス(アセチレン)四鉄クラスターの多点官能基化」
    居倉捷人,太田俊,岡崎雅明 (P8-070)

  • 第63回有機金属化学討論会 28年9月14日(水)~16日(金) 早稲田大学西早稲田キャンパス

    「Activation of Carbon–Nitrogen Triple Bond of Nitriles by Cationic Polynuclear Ruthenium Clusters」
    Mai Ikeda, Satoshi Kaneko, Yuhei Tsukahara, Shun Ohta, and Masaaki Okazaki (P2-02)

  • 錯体化学会第66回討論会 28年9月10日(土)~12日(月) 福岡大学七隈キャンパス

    「Synthesis, Structure, and Reactivity of an Iridium Complex Carrying a Side-On-Bound Phosphasilene Ligand」
    Yuya Terauchi, Tetsuaki Oguro, Shun Ohta, Masaaki Okazaki (2Da-06)

  • 日本化学会第96春季年会 28年3月24日(木)~27日(日) 同志社大学京田辺キャンパス

    「ハーフサンドイッチ型チタンシライミン錯体とベンゾフェノン類との反応と生成物の異性化」
    大谷隆介,太田俊,岡崎雅明(2E5-15)
    「陽イオン性イリジウム(Ⅰ)錯体とリチウムヒドロシランチオラートとの反応によるシランチオン配位イリジウム錯体の合成、構造および反応性」
    谷脇旦,太田俊,岡崎雅明(2E5-20)

2015

  • 平成27年度化学系学協会東北大会 27年9月12日(土)~13(日) 弘前大学文京キャンパス

    「Synthesis and structures of monomeric iridium complexes carrying a sideon-bound phosphasilene ligand」
    寺内裕哉,小黒哲明,太田俊,岡﨑雅明 (2P001)
    「Synthesis, structure, and reactivity of (hydrosilyl)amidoiridium complexes」
    飯原瑛梨,太田俊,岡崎雅明 (2P003)
    「Activation of terminal alkynes induced by a Lewis acidic carbon center in a tetrairon core」
    野宮一志,太田俊,岡崎雅明 (2P004)
    「The C-N triple bond activation of nitriles by cationic ruthenium hydrido clusters」
    池田舞,金子智,太田俊,岡崎雅明 (2P005)
    「Introduction of group 15 elements onto the tetrairon-tetracarbon cluster through the nucleophilic substitution reactions by primary amines and phosphines」
    居倉捷人,工藤尚嗣,太田俊,岡﨑雅明 (2P006)
    「Synthesis and reactivities of (hydrosilyl)amido-ligated half-zirconocene and half hafnocene complexes」
    畑中鴻希,蝦名祥哉,太田俊,岡崎雅明 (2P007)
    「Reactivity of a Coordinatively Unsaturated Silanimine Complex of Titanium toward Unsaturated Organic Compounds」
    大谷隆介,蝦名祥哉,畑中鴻希,太田俊,岡崎雅明 (2P008)
    「The Lewis acid behavior of a cationic [HCC] subunit semi-stabilized on the tetrairon core toward organosilicon compounds」
    谷脇旦,太田俊,岡崎雅明 (2P009)
    「Themal reactions of a bis(amido)diruthenium complex with small organic molecules. Structures of the products」
    松平将司,岡崎雅明 (2P011)

  • 第62回有機金属化学討論会 27年9月7日(月)13時~9日(水) 関西大学千里山キャンパス

    「Synthesis and Reactivities of Half-Sandwich-Type Group 4 Metal Complexes Possessing a Silanimine Ligand」
    Hiroki Hatanaka, Shoya Ebina, Ryusuke Ohtani, Shun Ohta, and Masaaki Okazaki (P2-01)
    「Synthesis of Phosphasilene–Coordinated Iridium Complexes by the Reactions of Vaska–Type Complexes with Lithium (Hydrosilyl)phosphide」
    Tetsuaki Oguro, Yuya Terauchi, ○Shun Ohta, and Masaaki Okazaki (P3-48)

  • 第5回CSJ化学フェスタ2015 タワーホール船堀 平成27年10月13日(火)~15日(木)

    「四鉄上に配位安定化した高活性陽イオン炭素種によるハロゲン化アルキルおよび有機ケイ素化合物の活性化」
    谷脇旦,太田俊,岡崎雅明 (P1-050)

2014

  • 日本化学会第94回春季年会 名古屋大学 東山キャンパス(2014.3.27(木)~30(日)

    「四鉄により準安定化された陽イオン性[CCH]ユニットによる1-ヘキシンの活性化」
    野宮 一志 ・ 岡崎 雅明
    「電子欠損型シライミン配位チタン錯体の合成、構造および反性」
    蝦名 祥哉・岡崎 雅明
    「四鉄に架橋配位した陽イオン性[CCH]部位によるSi–E結合(E = H, Cl, O)の活性化」
    谷脇 旦・岡崎 雅明

  • 平成26年度化学系協会東北大会 山形大学米沢キャンパス(2014.9.20(土)-21(日))

    「オキシドおよびヒドリドを架橋配位子として持つRu3Agクラスターとヒドロシランとの反応」
    加藤由希子, 岡崎雅明

  • 第61回有機金属化学討論会 九州大学病院キャンパス 医学部 百年講堂(2014.9.23(火)-25(木))

    「Synthesis, Structure, and Reactivity of Group 9 Transition-Metal Complexes Possessing a (Hydrosilyl)amido Ligand 」
    Eri Iihara and Masaaki Okazaki
    「Generation and Reactivity of a Coordinatively Unsaturated Dinuclear Ruthenium Complex with an Imido Bridging Ligand 」
    Masashi Matsudaira and Masaaki Okazaki
    「Generation and Reactivity of a Coordinatively Unsaturated Silanimine- Coordinated Titanium Complex 」
    Shoya Ebina and Masaaki Okazaki

2013

  • 日本化学会第93春季年会 立命館大学びわこ・くさつキャンパス(2013年3月22日~25日)

    「四鉄に架橋配位したエチニルカチオンによる三級アミンの炭素ー水素結合活性化」
    西谷 允一・岡崎 雅明
    「四鉄に架橋配位したエチニルカチオンによるイソシアニドの活性化」
    谷脇 旦・岡崎 雅明
    「アセチレンとイソニトリルを架橋配位子としてもつバタフライ型四鉄クラスターの物性と反応性」
    工藤 尚嗣・岡崎 雅明
    「三核ルテニウムアレーン錯体と二電子供与配位子との配位子置換反応」
    塚原 侑平・岡崎 雅明

  • 4th UK/Japan Conference in Catalytic Asymmetric Synthesis 仙台国際センター 3階 白橿 (2013.4.19(金)-20(土))

    「C-H Bond Activation of Tertiary Amines by a Cationic [CCH] Subunit on the Tetrairon Core 」
    Masakazu Nishiya, Masaaki Okazaki
    「Reactivity of a Cationic [CCH] Subunit on the Tetrairon Core toward Acetonitrile and Isonitriles 」
    Wataru Taniwaki and Masaaki Okazaki
    「Synthesis, Property, and Structure of the Four-Membered-Ring Ti–N–Si–Cl Complex 」
    Shoya Ebina and Masaaki Okazaki
    「Reactivities of the tetrairon cluster possessing two isonitrile ligands. Crystal structure of the products.」
    Naotsugu Kudo and Masaaki Okazaki
    「Carbon-oxygen bond activation of dialkyl ether by a cationic [CCH] subunit on the tetrairon core」
    Masakazu Nishiya and Masaaki Okazaki
    「Activation of organic silicon compounds using semi-stabilized [CCH]+ subunit on the Tetrairon Core 」
    Wataru Taniwaki and Masaaki Okazaki

  • 平成25年度化学系協会東北大会および日本化学会東北支部70周年記念国際会議 東北大学川内北キャンパス(2013.9.28(土)-30(月))

    「Synthesis, structure, and reactivity of (5-C5Me5)TiCl2(NRSiMe2H) (R = CMe3, Ph). Transient formation of silaimine-coordinated complexes」
    Shoya Ebina and Masaaki Okazaki
    「Synthesis, structure, and reactivity of oxido-bridged titanium-rhodium polynuclear clusters」
    Tetsuaki Oguro and Masaaki Okazaki
    「Synthesis and property of tetranuclear mixed–metal clusters [Ru3(cymene)3Ag(L)(μ–H)3(μ3–O)](PF6)2 (L = two–electron donor)」
    Yukiko Kato, Yuhei Tsukahara, and Masaaki Okazaki
    「Thermolysis of [Ru3(cymene)3(μ–H)3(μ3–O)](PF6) in acetonitrile. Characterization of the products」
    Satoshi Kaneko and Masaaki Okazaki
    「Structural changes of tetrairon cores possessing two isonitriles as bridging ligands. Reactivities of these clusters」
    Naotsugu Kudo and Masaaki Okazaki
    「Activation of tertiary amines and dialkyl ether at a cationic [CCH] subunit on the tetrairon core」
    Masakazu Nishiya and Masaaki Okazaki
    「Semi-stabilized [CCH]+ subunit on the tetrairon core. Its reactivity toward acetonitrile and isonitriles as Lewis acid」
    Wataru Taniwaki and Masaaki Okazaki

2012

    工藤君
  • 第2回CSJ化学フェスタ2012 東京工業大学 大岡山キャンパス(2012年10月14日~17日) 「イソニトリルを架橋配位子としてもつ四鉄クラスターの合成とイソニトリルの還元的カップリング」工藤 尚嗣・須藤 光世・高野 正人・小澤 文幸・岡崎 雅明












  • 谷脇君・西谷君
  • 第2回CSJ化学フェスタ2012 東京工業大学 大岡山キャンパス(2012年10月14日~17日)「四鉄への架橋配位により安定化された高活性化学種エチニルカチオンの発生と反応性」谷脇 旦・宮城 一貴・小澤 文幸・岡崎 雅明












  • 第2回CSJ化学フェスタ2012 東京工業大学 大岡山キャンパス(2012年10月14日~17日)「四鉄に架橋配位したハロアセチレンから誘導されるエチニルカチオンの反応性」西谷 允一・宮城 一貴・小澤 文幸・岡崎 雅明













  • 塚原研究員
  • 錯体化学会第62回討論会 富山大学五福キャンパス(2012年9月21日~23日) 「ヒドリド配位子を有する三核ルテニウムアレーン錯体の合成と反応性」塚原 侑平、岡崎 雅明











  • 「四鉄に架橋配位したハロアセチレンから誘導されるエチニルカチオンの反応性」西谷 允一・岡崎 雅明










  • 錯体化学会第62回討論会ミニシンポジウム 富山大学五福キャンパス(2012年9月21日) 「Transformation of C1 Resources to Valuable Compounds on Redox-Responsive Tetrairon Cores」Masaaki Okazaki (招待講演)
  • 平成24年度化学系学協会東北大会 秋田大学手形キャンパス(2012年9月15日~16日) 四鉄骨格への架橋配位によるエチニルカチオンの安定化とその性質 谷脇 旦・岡崎雅明
  • 第59回有機金属化学討論会 大阪大学吹田キャンパス(2012年9月13日~15日) 「イソニトリルとメチンを架橋配位子としてもつキュバン型四鉄クラスターの合成と構造.イソニトリルの還元的カップリングによるアセチレンの生成」 工藤 尚嗣・須藤 光世・高野 正人・小澤 文幸・岡崎 雅明


  • 谷脇君
  • 平成24年度4校学術交流会 弘前大学(2012年6月29日)
    「四鉄に架橋配位した陽イオン性炭素種の化学」谷脇 旦、岡崎雅明

2011

    中澤君発表
  • 第61回錯体化学討論会 岡山理科大学(2011年9月17日~19日)「アミノアセチレンを架橋配位子としてもつ四鉄クラスターの合成と反応性」 中澤勇貴,岡崎雅明


  • 第61回錯体化学討論会 岡山理科大学(2011年9月17日~19日)「ピラジンにより安定化されたエチニルカチオンを架橋配位子としてもつ四鉄クラスターの合成,構造,反応性」谷脇 旦, 岡崎雅明

  • Transformation of Carbon monoxide to Isocyanide on the Redox-Responsive Tetrairon Core Masaaki Okazaki, Takahiro Tsuchimoto, Yuki Nakazawa, Masato Takano, Fumiyuki Ozawa, OMCOS 16, 24-28 July 2011, Shanghai (China).

2010

  • 第27回無機分析コロキウム 東北大学川渡共同セミナーセンター(2010年5月28日~29日) 「酸化還元活性な四鉄-四炭素クラスターの化学」(招待講演)岡崎雅明
  • 特定領域研究「協奏機能触媒」第6回公開シンポジウム 東京大学武田先端知ビル(2010年4月24日~25日) 「レドックス応答型多金属骨格を基盤とする機能性分子の創製」岡崎雅明
  • 第3回物質合成国際会議 名古屋大学(2010年1月7日~8日) 「Generation and Reactivities of Non-Planar Carbocations on the Tetrairon Cores」 Masaaki Okazaki, Kazuki Miyagi, Masato Takano, Fumiyuki Ozawa
  • 特定領域研究「協奏機能触媒」第7回公開シンポジウム 東京工業大学蔵前会館(2010年3月4日~5日)「四鉄上での非平面形カルボカチオンの発生とアセトニトリルの活性化」岡崎雅明
  • 日本化学会第90回春季年会(2010)近畿大学本部キャンパス(2010年3月26日~29日)「バタフライ型四鉄骨格上でのブロモアセチレンと第一級アミンとの反応によるイソニトリルの生成」土本貴大、高野正人、岡崎雅明、小澤文幸 「四鉄骨格に架橋配位した非平面形カルボカチオン上でのニトリルの活性化」宮城一貴、高野正人、岡崎雅明、小澤文幸

2009

  • 日本化学会第89春季年会(2009) 日本大学理工学部船橋キャンパス(2009年3月27日~30日)「クロロアセチレンが架橋した四鉄クラスターの合成と性質」宮城一貴、岡崎雅明、小澤文幸
  • 第59回錯体化学討論会 長崎大学文教キャンパス(2009年9月25日~27日)「酸化還元活性なリン配位子を有する遷移金属錯体の合成、構造および反応性」岡崎雅明、吉村健一、高野正人、小澤文幸
  • 第56回有機金属化学討論会 同志社大学今出川キャンパス(2009年9月9日~11日)「四鉄骨格上での非平面形カルボカチオンの発生と性質」岡崎雅明、宮城一貴、高野正人、小澤文幸