教員・研究紹介-医用生体機器分野

教授 ・ 岡 和彦 (OKA, Kazuhiko)

専門分野 光計測とその生医学応用、偏光計測、光マニピュレーション

研究紹介

 私たちは、光の波としての性質を使って生体試料や微小物体などを計測したり制御したりする機器や方法についての研究を行っています。光を使えば、微小な試料に直接触れなくても、精密に測ったり(図1)捕まえて動かしたり(図2)することができます。

教授 ・ 花田 修賢 (HANADA, Yasutaka)

Eメール y-hanada[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
リンク ウェブサイト
専門分野 医用光工学、微細加工学、レーザープロセッシング

研究紹介

 超短パルスフェムト秒レーザー微細加工技術を用いた手のひらサイズの小さなバイオチップ作製を行っています。様々な機能を持たせた高次機能型バイオチップ作製により、一つ一つの細胞観察や分析、光ナノ治療を行っています。

准教授 ・ 森脇 健司 (MORIWAKI, Takeshi)

Eメール moriwaki[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
専門分野 生体材料力学、医用計測工学

研究紹介

 ミクロからマクロにわたるバイオメカニクスの計測を行っています。

 血管等の循環器系組織を主な対象として、医療機器や生体にかかる力や変形などを測定するための計測システムの開発をしています。

 

准教授 ・ 矢野 哲也 (YANO, Tetsuya)

リンク ウェブサイト
専門分野 生体医工学、生体流体工学

研究紹介

 心臓の血液拍出機能を補助のための小型連続流ポンプの開発に関する研究を行っています。数値流体解析を用いてポンプ内の血流を計算し、その結果から血球損傷度を予測する方法を血液ポンプの設計に取り入れています。

助教 ・ 陳 暁帥 (CHEN, Xiaoshuai)

専門分野 手術シミュレータ、バーチャルリアリティ、生体力学、数値計算

研究紹介

手術シミュレータに関する研究を行っています。ハプティックデバイス(力覚提示装置)によって模擬手術中の反力を操作者に提示する手術ハプティックシミュレータは、模擬手術中の力加減の確認が可能であり、若手医師のトレーニングや脳神経外科手術の手術計画立案に期待されています。

陳助教 研究紹介

助教 ・ 山田 壮平 (YAMADA,Sohei)

専門分野 レーザープロセッシング,細胞工学

研究紹介

超短パルスレーザーを用いた計測技術や加工技術を応用し、細胞や生体組織を操作・計測する手法を研究しています。このような手法を持ちて生命現象を理解することを目指しています。

このページの先頭へ戻る