教員・研究紹介-多様系熱流体工学分野

教授 ・ 稲村 隆夫 (INAMURA, Takao)

Eメール tina[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
リンク ウェブサイト
専門分野 噴霧燃焼工学、噴霧工学

研究紹介

 エンジンの燃焼特性や排気ガス特性に大きな影響を与える、燃料噴霧の特性や流動を実験並びに数値シミュレーションによって解析しています。また、可視化技術を応用して、生体内での血流(図参照)や肺気道内での薬液粒子の挙動を調べています。

教授 ・ 村田 裕幸 (MURATA, Hiroyuki)

Eメール murata[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
専門分野 伝熱工学、固気混相流

研究紹介

壁面近傍の粒子挙動と熱伝達との同時計測

 固体粒子と空気が混じり合った固気混相流は空気だけの場合に比べて熱伝達率が大きいため、熱交換器がコンパクトになります。当研究室では、固気混相流に外乱を与えたときの壁面近傍の粒子挙動と熱伝達との関係について研究しています。

准教授 ・ 城田 農 (SHIROTA, Minori)

リンク ウェブサイト
専門分野 混相流体工学、流体可視化計測

研究紹介

 液滴や気泡、粒子を含む流れの計測と力学解明、そして医療技術への応用を、私たちは研究しています。呼吸器系疾患治療器具であるネブライザーは、霧状の微小な液滴へと分裂させた液体薬剤を、経口吸入により目的組織へと輸送し沈着させます。また、超音波診断や治療では、血管に注入された赤血球ほどの大きさの微細な気泡の超音波照射による非線形振動を利用する技術が、開発されています。私たちは、このような混相流を実験とコンピューターシミュレーションにより研究しています。

 

准教授 ・ 鳥飼 宏之 (TORIKAI, Hiroyuki)

Eメール torikai[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
リンク ウェブサイト
専門分野 消火の科学技術、燃焼工学

研究紹介

 火災から社会をそして人命を守るためには、火を迅速に、そして簡単に、更にクリーンに消火することができる科学・技術が必要です。鳥飼研究室では、流体力学、伝熱工学そして燃焼科学を基礎にして爆薬、シャボン玉、渦輪、ゴム風船、氷カプセル、液体窒素などを用いた新しい独自の消火法の研究・開発に取り組んでいます。

助教 ・ 岡部 孝裕 (OKABE, Takahiro)

専門分野 伝熱工学、生体熱工学、熱物性計測

研究紹介

生体表面の熱計測の様子(臨床実験と動物実験)

生体表面の熱計測の様子(臨床実験と動物実験)

 本研究室では、生体内伝熱現象の解明及び生体の熱物性計測に関する研究を行っています。これまで生体表面温度や熱伝導率を超高精度に計測可能な装置を開発し、皮膚がんの定量的早期診断に応用しています。

助教 ・ 宮川 泰明 (MIYAGAWA, Taimei)

Eメール miyagawa[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
専門分野 計算生体力学、数値流体力学

研究紹介

 消化管内での食物の流動、血流など、生体内には様々な流れが存在し、重要な役割を担っています。我々は、数値シミュレーションを用いてこれらの流れを解析し、生体現象を理解しようとしています。例えば、胃・腸内の食物の流れを解析し、消化不良のメカニズム解明を目指しています。

このページの先頭へ戻る