教員・研究紹介-機械材料機能学分野

教授 ・ 笹川 和彦 (SASAGAWA, Kazuhiko)

Eメール sasagawa[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
リンク ウェブサイト
専門分野 材料システム評価学、バイオメカニクス(生体力学)

研究紹介

 

材料システムのストレスを解明し、機能性と安全性の向上に貢献します。
ナノ/マイクロメカニクス分野
  電子機械の信頼性評価・エコ発電ユニット開発
バイオメカニクス分野:
  手触り/体内圧力センサ・医用福祉機器の開発

教授 ・ 佐藤 裕之 (SATO, Hiroyuki)

リンク ウェブサイト
専門分野 強度材料学(機械材料学)、材料物性学(力学特性)、高温変形

研究紹介

 機械を構成する機械要素の機能は、使用する材料の特性にも支配されます。高温高圧下など、厳しい環境で使われる機械材料には、長い時間特性を維持することが求めら れます。長時間強度や寿命に関する研究を行っています。

准教授 ・ 紙川 尚也 (KAMIKAWA, Naoya)

リンク ウェブサイト
専門分野 金属組織学、材料強度学、塑性加工学

研究紹介

 

 本研究室では、合金設計と加工熱処理を組み合わせて金属組織中の格子欠陥の分布をナノスケールで制御することにより、材料の高強度化・高延性化・高靭性化の極限を追求する組織・力学特性制御技術の確立を目指した研究を行っています。

准教授 ・ 藤﨑 和弘 (FUJISAKI, Kazuhiro)

Eメール fujilab[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
リンク ウェブサイト
専門分野 生体機械工学、バイオマテリアル

研究紹介

 骨は自己修復性・力学環境適応性を備えた優れた材料です。本研究室では、多種の観察・計測技術を利用し、骨構造をマクロからナノまでさまざまなスケールで調査することで、骨折リスクを低減する方法を検討しています。

助教 ・ 峯田 才寛 (MINETA, Takahiro)

専門分野 強度材料学、軽金属、塑性変形

研究紹介

 航空機やビル等身の回りにある構造物に用いられる様々な材料を、如何にすれば「より高強度・高変形能にできるのか?」という疑問に対して、ミクロからマクロまでを通した材料変形の研究からその解を探求しています。

助教 ・ 森脇 健司 (MORIWAKI, Takeshi)

Eメール moriwaki[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を@に変えてお送りください。
リンク ウェブサイト
専門分野 生体材料力学、医用計測工学

研究紹介

 ミクロからマクロにわたるバイオメカニクスの計測を行っています。

 血管等の循環器系組織を主な対象として、医療機器や生体にかかる力や変形などを測定するための計測システムの開発をしています。

 

このページの先頭へ戻る