研究業績 –Publications and more–

これまでの研究業績を報告します。

学術論文 (Publications)

8) Transformation of Tertiary Amines at a Cationic [CCH] Subunit Stabilized by Coordination with a Tetrairon Core
Masakazu Nishiya, Ryo Funada, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
Chem. Lett. accepted

7) Impact of Ligands and Media on the Structure and Properties of Biological and Biomimetic Iron-Sulfur Clusters
Shun Ohta, Yasuhiro Ohki
Coord. Chem. Rev. 2017 338 207–225 (Link)

6) Activation of Isocyanides and Hydrosilanes by a Cationic [CCH] Subunit in a Tetrairon–Tetracarbon Cluster
Wataru Taniwaki, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
Bull. Chem. Soc. Jpn. 2016 89 11–19 (BCSJ賞, Cover Picture) (Link)

5) A Nitrogenase Cluster Model [Fe8S6O] with an Oxygen Unsymmetrically Bridging Two Proto–Fe4S3 Cubes : Relevancy to the Substrate Binding Mode of the FeMo Cofactor
Shun Ohta, Yasuhiro Ohki, Takayoshi Hashimoto, Roger E. Cramer, Kazuyuki Tatsumi
Inorg. Chem. 2012 51 11217-11219
(Highlighted in the Virtual Issue on Models for Metalloenzymes) (Link)

4) Oxido-bridged Di-, Tri-, Tetra-Nuclear Iron Complexes Bearing Bis(trimethylsilyl)amide and Thiolate Ligands
Shun Ohta, Saori Yokozawa, Yasuhiro Ohki, Kazuyuki Tatsumi
Inorg. Chem. 2012 51 2645-2651 (Link)

3) Monomeric Iron(II) Complexes Having Two Sterically Hindered Arylthiolates
Yasuhiro Ohki, Shun Ohta, Kazuyuki Tatsumi
Inorg. Synth. 35 137-143 (Link)

2) Synthesis, Structures, and Electronic Properties of [8Fe–7S] Cluster Complexes Modeling the Nitrogenase P–Cluster
Yasuhiro Ohki, Motosuke Imada, Ayuro Murata, Yusuke Sunada, Shun Ohta, Masaru Honda, Takahiro Sasamori, Norihiro Tokitoh, Motomi Katada, Kazuyuki Tatsumi
J. Am. Chem. Soc. 2009 131 13168–13178
(Highlighted in JACS Select #9 focused on bio-inorganic chemistry) (Link)

1) Synthesis and Characterization of Heteroleptic Iron(II) Thiolate Complexes with Weak Iron–Arene Interactions
Shun Ohta, Yasuhiro Ohki, Yohei Ikagawa, Rie Suizu, Kazuyuki Tatsumi
J. Organomet. Chem. 2007 692 4792–4799 (Invited Paper) (Link)

招待講演 (Invited Lecture)

2) Synthesis, Structures, and Reactivities of Bisindolyl-Coordinated Titanium Complexes
Shun Ohta
日本化学会東北支部主催事業 平成29年度化学系学協会東北大会, 2017年9月16–17日, 盛岡(依頼講演)

1) ケイ素を含む三員環メタラサイクルの合成と反応性
太田俊
日本化学会東北支部主催事業 無機・分析化学コロキウム, 2016年6月3–4日, 仙台

メディア (Media)

2) くさいだけじゃない !? "アンモニア”の大切さとその新しいつくりかた
太田俊
青い森しんきん とれんど情報 8月号, 2017年8月20日

1) マグネシウムに自然エネルギーを蓄えて活用する
太田俊
FMアップルウェーブ "りんご王国こうぎょくカレッジ", 2017年1月29日, 弘前

受賞歴 (Awards)

4) 2017年3月 H28弘前大学若手・新任研究者支援事業研究成果発表会優秀賞 (太田俊)

3) 2016年1月 BCSJ賞 (太田俊)

2) 2009年4月 日本化学会第89春季年会学生講演賞 (太田俊)

1) 2008年7月 名古屋大学学術奨励賞 (太田俊)

学会発表 (2015年度以降, Presentations since 2015)

32) Stereoselective Polymerization of Bio-renewable Myrcene Using New Simple Catalyst Systems Based on Rare-Earth-Metal Chlorides
Ryota Sato, Nao Ishizaki, Kyosuke Matsumoto, Shun Ohta, Tomoyuki Toda, Kei Nishii
2nd STI-Gigaku 2017, 2017年10月6–7日, 長岡(ポスター)

31) Group IV Transition Metal Coordination Chemistry of Bis(indolyl) Ligands
太田俊
第6回4校学術交流会, 2017年9月15日, 八戸(口頭)

30) 単純な希土類塩化物触媒系による植物由来ジエンモノマーの重合
西井圭, 松本享典, 石崎直, 太田俊, 戸田智之
第66回高分子討論会, 2017年9月20–22日, 松山(ポスター)

29) Side-on型シランチオン配位イリジウム錯体と小分子との反応
大谷隆介, 谷脇旦, 太田俊, 岡崎雅明
錯体化学会第67回討論会, 2017年9月16–18日, 札幌(ポスター)

28) 陽イオン性ルテニウム多核錯体を用いたニトリルおよびイソニトリルの炭素-窒素三重結合の開裂反応
池田舞, 柴山伸, 太田俊, 岡崎雅明
錯体化学会第67回討論会, 2017年9月16–18日, 札幌(ポスター)

27) Activation of small organic molecules by an iridium complex possessing a side-on-bound phosphasilene ligand
Yuuya Terauchi, Tetsuaki Oguro, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
日本化学会東北支部主催事業 平成29年度化学系学協会東北大会, 2017年9月16–17日, 盛岡(ポスター)

26) An attempt to improve the reactivity of a silanimine-titanium complex and metallacycles derived from the insertion reactions with substrates through the construction of a vacant site at the titanium center
Yuuki Hoshiba, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
日本化学会東北支部主催事業 平成29年度化学系学協会東北大会, 2017年9月16–17日, 盛岡(ポスター)

25) Activation of tertiary amines by cationic haloacetylene-coordinated tetrairon clusters
Ryo Funada, Masashi Matsudaira, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
日本化学会東北支部主催事業 平成29年度化学系学協会東北大会, 2017年9月16–17日, 盛岡(ポスター)

24) Reactivity of a silaimine-bridged dinulcear ruthenium complex toward isocyanides
Shuhei Yamazaki, Masashi Matsudaira, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
日本化学会東北支部主催事業 平成29年度化学系学協会東北大会, 2017年9月16–17日, 盛岡(ポスター)

23) ビスインドリル配位子を持つチタン錯体によるエチレン重合活性
葛西侑毅, 戸田智之, 西井圭, 岡崎雅明, 太田俊
第66回高分子学会年次大会, 2017年5月29-31日, 千葉, 1Pd030 (ポスター)

22) ペンタメチルシクロペンタジエニルを支持配位子としてもつ4族遷移金属ヒドロシリルアミド錯体の合成と反応性
畑中鴻希, 太田俊, 岡崎雅明
日本化学会第97春季年会, 2017年3月16-19日, 日吉, 3G3-13 (口頭)

21) 単純な希土類塩化物触媒系によるイソプレンのcis-1,4-選択的重合
松本享典, 太田俊, 戸田智之, 西井圭
日本化学会第97春季年会, 2017年3月16-19日, 日吉, 2A2-31 (口頭)

20) 環境調和型アンモニア製造へ向けた水素発生触媒および新規アンモニア合成反応の開発
太田俊
H28若手・新任研究者支援事業研究成果発表会, 2017年3月2日, 弘前, No.49 (ポスター・優秀賞)

19) cis-1,4-Specific Polymerization of Isoprene by a Simple Catalyst System Based on Rare-Earth-Metal Chlorides
Kyosuke Matsumoto, Itaru Miura, Shun Ohta, Tomoyuki Toda, Kei Nishii
第2回北関東磐越地区化学技術フォーラム, 2016年12月10日, 小山 (ポスター)

18) アセチレン水素のヨウ素化を経由したビス(アセチレン)四鉄クラスターの多点官能基化
居倉捷人, 太田俊, 岡崎雅明
第6回CSJ化学フェスタ2016, 2016年11月14–16日, 東京, P8-070 (ポスター)

17) 希土類塩化物を用いた触媒系によるイソプレンのcis–1,4–特異性重合
松本享典, 三浦周, 太田俊, 戸田智之, 西井圭
第6回CSJ化学フェスタ2016, 2016年11月14–16日, 東京, P2-068 (ポスター)

16) 環境低負荷なエネルギー源であるマグネシウムを用いた窒素分子の触媒的変換反応
太田俊
平成27年度弘前大学理工学研究科研究支援事業最終報告会, 2016年9月27日, 弘前, No.2 (口頭)

15) 陽イオン性多核ルテニウムクラスターによるニトリル類の炭素–窒素三重結合活性化
池田舞, 金子智, 塚原侑平, 太田俊, 岡崎雅明
第63回有機金属化学討論会, 2016年9月14–16日, 東京, P2-02 (ポスター)

14) Side–on型ホスファシレン配位子をもつイリジウム錯体の合成、構造および反応性
寺内裕哉, 小黒哲明, 太田俊, 岡崎雅明
錯体化学会第66回討論会, 2016年9月10–12日, 福岡, 2Da–06 (口頭)

13) 陽イオン性イリジウム(I)錯体とリチウムヒドロシランチオラートとの反応によるシランチオン配位イリジウム錯体の合成、構造および反応性
谷脇旦, 太田俊, 岡崎雅明
日本化学会第96春季年会(2016), 2016年3月24–27日, 京田辺, 2E5-20 (口頭)

12) ハーフサンドイッチ型チタンシライミン錯体とベンゾフェノン類との反応と生成物の異性化
大谷隆介, 太田俊, 岡崎雅明
日本化学会第96春季年会(2016), 2016年3月24–27日, 京田辺, 2E5-15 (口頭)

11) 四鉄上に配位安定化した高活性陽イオン炭素種によるハロゲン化アルキルおよび有機ケイ素化合物の活性化
谷脇旦, 太田俊, 岡崎雅明
第5回CSJ化学フェスタ2015, 2015年10月13–15日, 東京, P1-050 (ポスター)

10) The Lewis acid behavior of a cationic [HCC] subunit semi-stabilized on the tetrairon core toward organosilicon compounds
Wataru Taniwaki, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年9月12–13日, 弘前, 2P009 (ポスター)

9) Reactivity of a Coordinatively Unsaturated Silanimine Complex of Titanium toward Unsaturated Organic Compounds
Ryusuke Ohtani, Shoya Ebina, Hiroki Ebina, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年9月12–13日, 弘前, 2P008 (ポスター)

8) Synthesis and reactivities of (hydrosilyl)amido-ligated half-zirconocene and half hafnocene complexes
Hiroki Hatanaka, Shoya Ebina, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年9月12–13日, 弘前, 2P007 (ポスター)

7) Introduction of group 15 elements onto the tetrairon-tetracarbon cluster through the nucleophilic substitution reactions by primary amines and phosphines
Hayato Igura, Naotsugu Kudo, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年9月12–13日, 弘前, 2P006 (ポスター)

6) The C-N triple bond activation of nitriles by cationic ruthenium hydrido clusters
Mai Ikeda, Satoshi Kaneko, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年9月12–13日, 弘前, 2P005 (ポスター)

5) Activation of terminal alkynes induced by a Lewis acidic carbon center in a tetrairon core
Kazushi Nomiya, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年9月12–13日, 弘前, 2P004 (ポスター)

4) Synthesis, structure, and reactivity of (hydrosilyl)amidoiridium complexes
Eri IIhara, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会, 2015年9月12–13日, 弘前, 2P003 (ポスター)

3) Synthesis and structures of monomeric iridium complexes carrying a side-on-bound phosphasilene ligand
Yuya Terauchi, Tetsuaki Oguro, Shun Ohta, Masaaki Okazaki
平成27年度化学系学協会東北大会 2015年9月12–13日, 弘前, 2P001 (ポスター)

2) Synthesis of Phosphasilene–Coordinated Iridium Complexes by the Reactions of Vaska–Type Complexes with Lithium (Hydrosilyl)phosphide
Tetsuaki Oguro, Yuya Terauchi, Shun Ohta, and Masaaki Okazaki
第62回有機金属化学討論会, 2015年9月7–9日, 吹田, P3-48 (ポスター)

1) Synthesis and Reactivities of Half-Sandwich-Type Group 4 Metal Complexes Possessing a Silanimine Ligand
Hiroki Hatanaka, Shoya Ebina, Ryusuke Ohtani, Shun Ohta, and Masaaki Okazaki
第62回有機金属化学討論会, 2015年9月7–9日, 吹田, P2-01 (ポスター)