物理学セミナー・数物セミナー・他一覧

2017年度

物理学セミナー

日時:2017年11月1日(水) 16:00(約1時間)
場所:11番講義室(理工2号館2階)
講師:藤田裕氏(大阪大学)
題目:ひとみが遺したもの
―銀河団加熱源の手がかりー
概要: 日本のX線天文衛星ひとみにより,銀河団を 満たしている高温のガスの運動が測定され, 中心部で 164km/s という比較的小さい乱流 速度が得られている。本講演では,この結果 をもとに銀河団の加熱メカニズムについて検 討したい。

物理学セミナー

日時:2017年9月27日(水) 14:00(約1時間)
場所:12番講義室 (理工2号館2階)
講師:山田慧生氏(京都大学)
題目:自己重力とブラックホール周りの二次摂動
概要: aLIGO が連星ブラックホール (BH) 合体由来の重力波を直接検出して以来, 重力波天文学が幕を開けた。宇宙重力波望遠鏡 LISA の観測対象の一つであ る Extreme Mass Ratio Inspirals (EMRIs) は,10^7 M_sun 程度の大質 量 BH の周りを 1 M_sun 程度のコンパクト天体が運動する連星系である。 このような質量の大きく離れた連星系は質量比による BH 摂動法を用いた自 己重力を考慮することで解析的な取り扱いが可能である。実際の LISA の観 測期間においては,本来微小な二次摂動が時間とともに成長し重力波の位相 に無視できない寄与を引き起こすことがわかっている。我々は,適切な二次 の自己重力の計算に必要な境界条件を求めることを目的として,巨大 BH 近 傍の二次摂動の振る舞いを議論する。

2016年度

こちらをご覧ください。

第17回 林忠四郎記念講演会
このページのトップへ戻る