研究内容

本研究室は,グラフェン,ペロブスカイトなどの太陽光エネルギー材料を開発し,その基礎物性(電子構造など)の解明から応用(次世代太陽電池など)まで,一貫した研究を行っています。

研究テーマ 物質  研究室&学内
(試料作製および物性評価)
共同研究施設
(学外)
備考
エネルギー材料 - グラフェン
- 二次元結晶

- 強相関材料 

化学気相成長法(CVD)
超高真空薄膜作成装置
LEED & Auger spectroscopy
Raman spectroscopy
IR spectroscopy
TEM & SEM image
ARPES (UVSOR, HiSOR)

IPES (HiSOR)
次世代太陽電池 - グラフェン太陽電池
- 色素増感太陽電池
- ペロブスカイト太陽電池
Solar simulator & IV-curve
透過,吸収スペクトル測定
TEM & SEM image
IR spectroscopy



グラフェン



 (CVD法によるグラフェン作製)



(グラフェンのSEMイメージ)








次世代太陽電池



(グラフェン・シリコン太陽電池)



(太陽光AM1.5と開発したソーラーシミュレーターのスペクトルの比較)







Aサイト秩序型ペロブスカイトCaCu3Ti4-xRuxO12


(角度分解光電子分光法によるCaCu3Ti4O12のバンド分散)