論文発表 50-57 of sawada yamazaki lab

弘前大学大学院理工学研究科 澤田研究室

研究業績書(報文)

(I) フルオロアルキル基含有高分子化合物の合成と機能の解明に関する研究
(No 47~282)

【論文発表】

[1992 : No 50~57]

57) 森川公雄、阿部正彦、荻野圭三、沢田英夫、松本竹男、島田広道、 松林信行、西嶋昭生,
「過酸化フルオロアルカノイルを用いてフルオロアルキル化したポリスチレンの表面特性(第3報)」、
色材協会誌、65、 612 (1992).

56) 阿部正彦、森川公雄、荻野圭三、沢田英夫、松本竹男、島田広道、松林信行、西嶋昭生,
「過酸化ペルオロアルカノイルを用いてフルオロアルキル化したポリスチレンの表面特性(第2報)」、
色材協会誌、 65、 475 (1992).

55) 沢田英夫、蓑島義浩、Y.-F. Gong, 松本竹男、小杉正紀、右田俊彦、
「炭素-炭素結合によりフルオロアルキル基が導入されたオリゴマー化合物の合成と性質」、
油化学、41、 649 (1992).

54) 沢田英夫、三谷元宏、松本竹男、中山雅陽、
「過酸化フルオロアルカノイルによる ポリイミド樹脂のフルオロアルキル化」、
高分子論文集、49, 141 (1992).

53) M. Matsui, S. Kawamura, K. Shibata, H. Muramatsu, M. Mitani, H. Sawada, and M. Nakayama,
「Perfluoroalkylation of Azo Compounds」,
J. Fluorine Chem., 57, 209 (1992).

52) H. Sawada, Y.-F. Gong, T. Matsumoto, M. Kosugi, and T. Migita,
「Synthesis and Surface Properties of Perfluoro-oxa-alkylated Oligomers」 ,
Chem. Lett., 531 (1992).

51) H. Sawada, Y.-F. Gong, Y. Minoshima, T. Matsumoto, M. Nakayama, M. Kosugi, and T. Migita,
「 Reactions of Fluoroalkanoyl Peroxides with Organosilicon Compounds」、
J. Fluorine Chem., 59, 275 (1992).

50) H. Sawada, Y.-F. Gong, Y. Minoshima, T. Matsumoto, M. Nakayama, M. Kosugi, and T. Migita,
「Synthesis and Surfactant Properties of Fluoroalkylated Oligomers Containing Carboxy Groups」,
J. Chem. Soc., Chem. Commun., 537 (1992).