論文発表 58-62 of sawada yamazaki lab

弘前大学大学院理工学研究科 澤田研究室

研究業績書(報文)

(I) フルオロアルキル基含有高分子化合物の合成と機能の解明に関する研究
(No 47~282)

【論文発表】

[1993 : No 58~62]

62) M. Baba, T. Kira, S. Shigeta, T. Matsumoto, and H. Sawada,
「Novel Fluoroalkylated Oilgomers Selectively Inhibit Human Immunodeficiency Virus Type 1 Replication In Vitro」,
AIDS Research Newsletter, p140, Japanese Society for AIDS Research , Tokyo, (1993).

61)M. Abe, K. Matsuda, K. Ogino, H. Sawada, and K. Nishiyama,
「 Reduction of Friction Coefficient of Liquid Paraffin by Novel Fluorosilicones」 ,
Langmuir, 9, 2755 (1993).

60)好野則夫、山口英一郎、山本 祥、板垣剛之、松本竹男、沢田英夫、近藤行成、阿部正彦、
「フッ素系シランカップリング剤によるマク゛ネタイト微粒子の表面改質法」、
日本化学会誌、995 (1993).

59) 沢田英夫、河本恵司、佐野正宏、石戸谷昌洋、小川久男、
「炭素-炭素結合によりフルオロアルキル基が導入されたオリゴマーの表面特性」、
高分子論文集、50, 983 (1993).

58) H. Sawada, Y. Minoshima, and H. Nakajima,
「Reactions of Acrylic Acids with Fluoroalkanoyl Peroxides-the Formation of Acrylic Acid Oligomers Containing Two Fluoroalkylated End-Groups」,
J. Fluorine Chem., 65, 169 (1993).