トップページ数物科学科紹介 > 概要

概要

 数学および物理学は,自然現象や社会現象の解明に必要な論理や法則を学ぶ学問です。入学後1年間の数学と物理学の教育を基礎として,2年次より3つのコース別に専門教育を行います。数理科学コースにおいては,代数学,幾何学,解析学,応用数学の知識を活用して問題を数理的に解決する能力を備えた人材を育成します。物質宇宙物理学コースにおいては,物質材料と宇宙に関する物理学を学ぶ事を通して,将来技術革新を起こしていくことができる技術者・研究者を育成します。応用計算科学コースにおいては,高度情報化社会の現場において生じる諸問題を数理計算の方法を用いて解決できる人材を育てます。

 数学の基礎理論を体系的に学ぶとともに,自然系や社会系の応用を視野に入れた数理モデル解析の演習科目等に取り組みます。
【学べる領域】 代数学,幾何学,解析学,最適化理論,離散数学,ゲーム理論 など
【想定される進路】 情報通信系企業,金融・保険業,卸・小売業,製造業,教員,公務員,大学院進学 など

 機能性新材料分野と宇宙物理学分野を中心に,基礎的な自然法則に対する興味を喚起し,その応用展開への道筋の理解を深めるための教育を行います。
【学べる領域】 半導体物理学,超伝導物理学,宇宙物理学,結晶材料制御学,放射光科学 など
【想定される進路】 製造業,情報通信業,公務員,教員,大学院進学 など

 数学,物理学,情報科学の基礎を学び,それらを社会現象のモデルに当てはめ,複雑な問題を解決するための能力の修得を目指します。
【学べる領域】 応用計算科学,計算機演習,経済学の基礎,数理経済学,情報セキュリティ など
【想定される進路】 製造業,情報通信系企業,金融・保険業,教員,公務員,大学院進学 など

このページのトップへ戻る