弘前大学理工学部物質創成化学科


研究業績

著書

1.キラルエポキシドを不斉源とする強誘電性液晶,横山明久,吉澤 篤,次世代液晶ディスプレイと液晶材料,254-262項,シーエムシー,1992.
2. Novel Chirality-Dependent Phenomena in Smectic Liquid Crystals, Atsushi Yoshizawa, Recent Research Developments in Applied Physics Vol.2 Part II, 453-477, Transworld Research Network, 1999.
3.液晶相発現の要素,吉澤 篤,加藤隆史,液晶便覧,259-267項,丸善株式会社,2000年.
4.液晶相におけるキラリティー,吉澤 篤,液晶便覧,280-287項,丸善株式会社,2000年.
5.有機ファインケミカルズ(医薬品合成、有機導電材料、液晶材料、有機EL),吉澤 篤,最新工業化学,186-207項,講談社サイエンティフィック,2004年.
6.高速応答液晶材料の設計,吉澤 篤,液晶ディスプレイの高速・高画質・広視野角化技術,214-226項,株式会社技術情報協会,2006年.
7.液晶オリゴマーによる階層構造の発現,液晶?構造制御と機能化の最前線,3-15項,シーエムシー出版,2010年.
8.Molecular Design of a Chiral Oligomer for Stabilizing a Ferrielectric Phase, Atsushi Yoshizawa & Anna Noji, Ferroelectrics- physical Effects, ISBN 978-953-307-453-5, Edited by Mickael Lallaert , In Tech - Open Access Publisher, Rijeka, Croatia.
Molecular Design of a Chiral Oligomer for Stabilizing a Ferrielectric Phase
9.液晶の創薬分野への展開,吉澤 篤,日本学術振興会情報科学用有機材料第142委員会液晶部会編「液晶ディスプレイ物語 - 50年の液晶開発と未来に託す夢 -」494-508項, エース出版,2013年.
10.低分子液晶,吉澤 篤,化学便覧 応用化学編,第7版,日本化学会,丸全出版(株),印刷中.
11.Design of Blue Phase Materials, Isa Nishiyama, Atsushi Yoshizawa, Handbook of Liquid Crystals Vol. 3, Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, in press.

総説他

1.強誘電性液晶,吉澤 篤,工業材料,1995, 43, 24-28.
2.液晶の構造と物性,吉澤 篤,トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌), 1995, 40, 482-487.
3.強誘電性液晶における構造-物性相関,吉澤 篤,月刊ディスプレイ,1995, 1, 30-33.
4.強誘電性液晶,吉澤 篤,月刊新素材,1995, 6, 28-29.
5.液晶型電気粘性流体,福政充睦,吉澤 篤,トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌),1996, 41, 494-499.
6.ダイナミクスの制御に基づく秩序形成 -液晶分子の社会学-,吉澤 篤,液晶(日本液晶学会誌),2001, 5, 242-252.
7.液晶紳士随想百選-液晶分子の社会学に魅せられて,吉澤 篤,月刊ディスプレイ, 2003, 9, 90-94.
8.二量体スーパー分子が形成する多彩な液晶相,吉澤 篤,西山伊佐,機能材料,2004, 24, 49-58.
9.新規U字型化合物の合成と電気光学特性,日本液晶学会ニュースレター,2004, No 10.
10.研究室紹介「弘前大学理工学部 吉澤・鷺坂研究室」,吉澤 篤,液晶(日本液晶学会誌),2005, 9, 56-60.
11.液晶分子が形成する秩序とゆらぎ,吉澤 篤,表面, 2005, 43, 183-200.
12.LEDバックライトを用いたフィールド・シーケンシャル・カラーOCB液晶ディスプレイ,関 秀廣,市川了子,濱久保百合子,北郷恵行,石橋完晴,石上秀樹,柳沼寛教,岸本匡史,中野 茂,若生一広,関家一雄,吉澤 篤,石鍋隆宏,宮下哲哉,内田龍男,月刊ディスプレイ,2006,12, 49-53.
13.ディスプレイ用液晶材料の分子設計,小笠原史高,吉澤 篤,液晶(日本液晶学会誌),2007,11,128-136.
14.新奇な液晶相 −その普遍性と多様性−,西山伊佐,山本 潤,吉澤 篤,液晶(日本液晶学会誌),2007, 11, 274-281.
15.階層構造を形成する新規な液晶材料,吉澤 篤,未来材料,2008, 8, 38-47.
16.液晶オリゴマーが形成する新しい秩序,山口章久,吉澤 篤,液晶(日本液晶学会誌),2008,12,128-137.
17.次世代液晶材料とディスプレイ,吉澤 篤,電気ガラス,2009, 42, 14-19.
18.有機溶媒フリー超臨界二酸化炭素マイクロエマルションの調製と応用,鷺坂将伸,吉澤 篤,色材協会雑誌,2010, 83, 66-75.
19.超臨界二酸化炭素中での界面活性剤の自己組織化挙動,鷺坂将伸,吉澤 篤,大竹勝人,オレオサイエンス,2010, 10, 167-177.
20.ミクロ相分離を利用した温度応答性形態変化ベシクル,鷺坂将伸,吉澤 篤,未来材料,2010, 8, 29-34.
21.水/二酸化炭素分子集合体の高度安定化と超微粒子合成への応用,鷺坂将伸,吉澤 篤,大竹勝人,ケミカルエンジニヤリング,2011, 56, 912-920.
22.創薬化学における液晶,福士由佳子,吉澤 篤,液晶(日本液晶学会誌),2012,16,21-29.
23.水とCO2からなる省エネルギー型グリーンソルベント, 鷺坂将伸,吉澤 篤,S. Cummings, R. Enick, J. Eastoe,工業材料,2012, 60, 3, 37-40.
24.多彩な形の分子が創り出す新しい世界,吉澤 篤,液晶(日本液晶学会誌), 2013, 17, 88-103.