弘前大学 理工学部 地球環境学科
学科紹介
外圏環境学分野
大気水圏環境学分野
地圏環境学分野
自然防災工学分野
関連施設
理工学部附属地震火山観測所
寒地気象実験室
カリキュラム
授業紹介
研究紹介
行事紹介
卒業後の進路
在学生からのメッセージ
卒業生からのメッセージ
入試情報
Q&A
関連リンク
専門教育科目(地球環境学科)の一覧表はココをクリック
 地球環境学科の教育課程は、21世紀教育科目と専門教育科目から成り、それらの授業科目には必修科目・選択科目に分けられた一般講義、特殊講義、演習、実験、および研究があります。また、いくつかの学科に共通な専門科目授業を設定し、学科の垣根をできるだけ低くする工夫をして幅広いバックグラウンドをもった専門家の育成を目指しています。
履修モデル(地球環境学科・平成27年度入学生)
卒業所要単位数
 21世紀教育科目 42  
 専門教育科目 82  必修(卒業研究を含む),選択必修,選択
 合計 124  
21世紀教育科目
 幅広く深い教養と総合的判断力および豊かな人間性を養うことをめざした授業科目で、テーマ科目、技能系科目、基礎教育科目、導入科目で構成されます。21世紀教育科目は、専門教育科目と相互に補完しあうもので、その有機的関連をはかるため全学の教員が参加して実施されます。1年次では21世紀教育科目の比重が高くなっています。
[修得すべき単位数]
科目区分 科目 必要単位
導入科目 基礎ゼミナール 2単位
技能系科目 言語コミュニケーション実習 英語コミュニケーション実習 4単位
多言語コミュニケーション実習
(1言語を選択)
2単位
基礎教育科目 数学の基礎II (A)  2単位
数学の基礎II (B)  2単位
数学の基礎II (C)  2単位
物理学の基礎II (A)  2単位
物理学の基礎II (B)  2単位
化学の基礎II (A)  2単位
情報系基礎 2単位
自由に選択して 2単位
テーマ科目 (4領域から各1科目2単位,計8単位) 8単位
適宜修得単位   10単位
合 計   42単位
専門教育科目(地球環境学科)←全科目の一覧表はココをクリック
 高度な専門知識や技術の修得に加え、豊かな倫理観と国際感覚を備え、創造力と適応力および総合判断力に富む人材の育成をめざした授業科目です。21世紀教育の基礎教育科目では理工学部に共通の基礎的な理数科目を修得するのに対し、専門教育科目では自分が興味を抱く専門分野の授業科目を選択して専門知識を深めます。卒業研究ではみずから課題を設定し、深く考え、その問題を解決することができる能力の開発を目標とします。
卒業研究
 4年生になると、各分野の研究室に所属して卒業研究が始まります。3年次までの講義は授業が主体であるのに対して、卒業研究は学生自身が主体となり、興味あるテーマを選択して自らが問題意識をもって進めていくという点で講義とは大きく異なります。一つの研究室に所属する学部学生は5〜6名と少人数であり、指導教授や大学院生らとのゼミナールや研究指導など、ほとんどマンツーマンに近い形で進められます。4年生では講義の時間数は一般に少なく、大半の時間が卒業研究に当てられます。研究室がいわば大学での生活空間になります。ほぼ、1年間を通して研究した成果を卒業研究論文としてまとめ、学年末に発表します。卒業研究では、まだ答えが得られていない未知の分野に挑戦し、自ら創意工夫をしながら研究を進める過程を学び、問題解決する能力を養います。