弘前大学 理工学部 地球環境学科
学科紹介
外圏環境学分野
大気水圏環境学分野
地圏環境学分野
自然防災工学分野
関連施設
理工学部附属地震火山観測所
寒地気象実験室
カリキュラム
授業紹介
研究紹介
行事紹介
卒業後の進路
入試情報
Q&A
関連リンク
注)ここに紹介する科目は全体の一部です。専門教育科目(地球環境学科)の全科目の一覧表とシラバスはココにあります。
地球環境学概論I・II(1年)
地球環境学科教員
 地球環境学科では複雑に絡み合った地球全体の自然環境を総合的に理解し、地球環境・災害・エネルギー資源等にかかわる諸問題の解決に取り組むことのできる人材の育成を目指し、全体のカリキュラムを組んでおります。地球環境学概論IおよびII のねらいは地球環境学科1年生が地球システムの全体像を概観し、2年生以降の専門科目の履修の指針を得ることにあります。惑星地球の自然の営みは地球とそれを取り巻く大気・海洋、宇宙からなるひとつのシステムとして捉えることができます。最近、人類の産業活動もこの地球システムのはたらきに影響を与える要因のひとつと考えられています。地球環境学概論I(前期)およびII(後期)では、それぞれ専門の教員が分担して、地球システムを構成する各分野の内容を平易に紹介します。固有の分野の枠を越えた分野間の関連も取り上げながら、地球システムの全体像の理解には幅広い分野の知識が必要であること を示します。
天文学(2年)
葛西 真寿
 この授業を受講することにより、万有引力うけた物体がどのような運動をするかが実際の惑星運動をとおしてわかるようになります。天文学の対象とする範囲は広いですが、ここでは主に太陽系内の惑星の運動を中心とした天体力学について学びます。 また、ニュートン宇宙論の基礎的知識についても学びます。
原子核物理学(3年)
市村 雅一
原子、原子核の基本的な構造・性質について理解します。 まず微視的な世界を記述する力学の基礎を学びながら、原子の構造について理解を深めます。その上で原子核の構造・性質や原子核レベルで起きている物理現象について学びます。
気象学I(2年)
谷田貝 亜紀代
大気の構造やそれを維持しているエネルギー輸送について理解できるようになることが主な目標です。温室効果ガスの増加による地球温暖化や、集中豪雨のメカニズムなど、具体的な問題にも触れます。気象学は大気中の様々な現象を対象とする学問で、熱力学と流体力学が土台となっています。気象学の基礎的な内容のうち、熱力学や降水と関係する部分に重点を置いて勉強します。
地質学I(2年)
根本 直樹
 地球環境がどのように変化してゆくかを予測するためには、過去の地球の歴史を知らなければなりません。想像以上に変化に富んだ過去の地球を振り返り、地球の未来を見通す目を養います。身近な存在である岩石や化石から、雄大な過去の地球を解き明かす道筋を見つけ出します。地質学は地球環境の変遷を歴史的に捉えるための基礎となる学問です。まず地球の歴史をひも解くために必要な地質学における原理、原則、法則等の手法、およびそれらの問題点について勉強します。次に46億年にわたる地球の歴史について勉強します。
地震学I(2年)
小菅 正裕
 地震の観測手段と観測される地震波、地震の震源分布と地下構造などの基本的な知識を得て、地震情報を理解できるようになること。「地震学」の前半部分の科目として、地震現象、地震計、地震波、地震の震源分布と地震活動、地震波からわかる地球の構造などについて、基本的なことを学びます。
建設構造学(2年)
津村 浩三
 授業計画に示した事柄について、文章や図により簡単に説明できる程度の知識と能力を身につけます。建築構造物や土木構造物の基本的な構造とそれらの構造が成り立っているしくみについて学びます。地震や台風などによる被害は、しばしば建築構造物や土木構造物の破壊をともなって生じます。被害を小さくおさえるには地震による強い揺れや強風などに対してこれらの構造物を耐えられるようにすることが必要です。そうした対策を立てるための基礎知識をここで得ます。
応用物理学実験(3年)
石田 祐宣ほか
実験の手引きに書かれた実験方法を理解して独力で実験を行います。実験データを適切に処理し、その結果を基に論理的に考察を記述します。正しい日本語で実験結果をレポートする能力を養います。 地球物理学、物理学、および材料力学に関連したいくつかのテーマについて実験を行い、実験の方法・データの処理方法・解析方法・考察のしかた、およびレポートの書き方について学びます。これらは物理系の卒業研究を進める上での必須事項です。
地質学演習(2年)
堀内 一穂ほか
 簡単な地形図の読図や地形の解析ができるようになること、クリノメーターの基礎的な使用方法を理解すること、簡単な歩測ができるようになること、ステレオネットの使用方法を習得すること、粒度等の岩相、堆積構造、化石などを実物に触れて理解することを目標としています。野外地質調査を行う準備段階として、地形図の読図、地形解析、クリノメーターの使用、粒度表の作成、歩測、岩相と堆積構造、ステレオ投影法、化石の観察に関する技術と知識を習得します。また、1回の野外巡検があります。野外地 質調査の準備を実践的に行う点に特徴があります。
地球環境学演習II(3年)
全教員
 地球環境を取り巻く問題に対する最新の解析技術や解決方法を学び身に着けます。地球環境を取り巻く問題は様々な分野におよんでいます。それらの問題に対してどの様な解決方法があるのか、興味のある分野に最も近い研究を行っている教員一人を担当者とし、演習を通して問題に対する最新の解析技術や解決方法を学び身に着けます。
地質調査法実習(3年)
柴 正敏・佐々木 実・根本 直樹・堀内 一穂
 野外での地質調査の方法を理解し、自ら得たデータで調査地域の層序の概要が把握できるようになることを目標としています。野外で地質学的データを得るための地質調査の基礎を体得することを目的とし、野外で地質調査を行い、事後にデータをまとめてレポートとして提出します。実際に野外に出て、岩石や地層を観察する点に特徴があります。

 地質調査法実習Webページ