弘前大学 理工学部 地球環境学科
学科紹介
外圏環境学分野
大気水圏環境学分野
地圏環境学分野
自然防災工学分野
関連施設
理工学部附属地震火山観測所
寒地気象実験室
カリキュラム
授業紹介
研究紹介
行事紹介
卒業後の進路
入試情報
Q&A
関連リンク
地殻変動・火山活動・災害対策・地震などに関する研究
 自然に恵まれた日本列島は、同時に常に自然災害の脅威にさらされている場所でもあります。世界でも有数の地震国、火山国であるだけでなく、台風や梅雨による風水害や土砂崩れも毎年のように起こっています。
 表記した研究は、地球環境学科の他の研究分野や附属施設の研究成果も積極的に応用して、進められています。具体的には、地殻変動、地震活動や火山活動の発生機構の究明、これらの活動に伴い発生する自然災害に対する対応や対策について基礎的・応用的知見を得ることを目的とした研究をしています。災害対策としては、特に地震を重視し、地震に強い建築物、社会基盤施設が構築されるように研究を行っています。
地震による斜面、および道路の崩壊(平成15年(2003年)十勝沖地震)
●地震による斜面、および道路の崩壊(平成15年(2003年)十勝沖地震)
地震による家屋の倒壊(2003年7月26日、宮城県北部の地震)
●地震による家屋の倒壊(2003年7月26日、宮城県北部の地震)
教授 片岡 俊一 [研究者総覧][HP] 地震工学
小菅 正裕*1 [研究者総覧][--] 地震学
柴  正敏 [研究者総覧][--] 岩石学・災害地質学
准教授 上原子晶久 [研究者総覧][--] コンクリート工学・社会基盤メンテナンス
津村 浩三 [研究者総覧][HP] 建築構造学
[HP]は教員のホームページにリンクしています。
*1 併任:大学院理工学研究科附属地震火山観測所長