弘前大学 理工学部 地球環境学科
学科紹介
外圏環境学分野
大気水圏環境学分野
地圏環境学分野
自然防災工学分野
関連施設
理工学部附属地震火山観測所
寒地気象実験室
カリキュラム
授業紹介
研究紹介
行事紹介
卒業後の進路
入試情報
Q&A
関連リンク
古環境・地下資源・地球の内部構造などに関する研究
 地球の固体部分で、表面に近い地殻とマントルの部分を地圏と呼びます。地圏環境学講座では、地圏で起こる様々な現象を時空間的に把握し、総合的に研究、教育しています。具体的には、
  • 地層に含まれる古生物の変化に基づく地球表層の環境の移り変わりの解明
  • 火山の活動史やマグマの生成・分化のメカニズムの研究
  • 大陸域の環境変遷史や宇宙線起源の長寿命放射性同位体に関する研究に取り組んでいます。
 データや試料は野外で自ら収集する場合や、既存のものを検討する場合があります。そしてそれらを様々な機器と手法を用いて分析・解析しています。
 45億年にわたる地球の歴史と現在の姿をひもとく研究は、壮大であり重要です。これらの研究の過程を通して私たちが住む地球の姿を体系的に理解していきます。
平賀町での野外調査の1コマ
●青森県平川市平賀での野外調査の1コマ

青森県碇ヶ関村での地質調査実習
●青森県平川市碇ヶ関での地質調査実習
教授 梅田 浩司 [研究者総覧][HP] 地質学,自然災害科学
講師 根本 直樹 [研究者総覧][--] 層位学・古生物学
佐々木 実 [研究者総覧][HP] 火山岩岩石学
助教 堀内 一穂 [研究者総覧][HP] 古環境学・同位体地球化学
[HP]は教員のホームページにリンクしています。