弘前大学 理工学部 地球環境学科
学科紹介
外圏環境学分野
大気水圏環境学分野
地圏環境学分野
自然防災工学分野
関連施設
理工学部附属地震火山観測所
寒地気象実験室
カリキュラム
授業紹介
研究紹介
行事紹介
卒業後の進路
入試情報
Q&A
関連リンク
宇宙物理学、宇宙線・重力波などに関する研究
 地球に降り注ぐ宇宙線は、どこで生まれ、どのようにしてできたのでしょうか?
 それを知るために、独自に開発した測定器を載せた大気球を用いて観測を行なっています。観測データに基づいて、宇宙線の伝播を説明する理論モデルの研究も行なっています。(右図:大気球による宇宙線観測)
 一方、遠くの天体は、手前の銀河の重力のために歪んだり、複数の像に見えたりします。こうした重力レンズ効果を利用して、宇宙の構造の解明に向けた研究を行なっています。
大気球による宇宙線観測
X線フィルムによる高エネルギー宇宙線の観察
●X線フィルムによる高エネルギー宇宙線の観察
磁力計による地磁気の測定
●磁力計による地磁気の測定
教授 葛西 真寿*1 [研究者総覧][HP] 相対論的宇宙論
准教授 市村 雅一 [研究者総覧][--] 高エネルギー宇宙物理学
助教 高橋 龍一 [研究者総覧][HP] 宇宙論
[HP]は教員のホームページにリンクしています。
*1 併任:総合情報処理センター センター長