受賞・報道等

8月9日(日),8月10日(月)公開講座「夏休みの数学2015」が開催されました。

2015.08.10  
【日時】 
8月9日(日)・8月10日(月) 両日とも 10:30~15:00
 
【講義】
8月 9日(日) 中里 博先生 「アラビアおよびペルシャ世界が科学変革に果たした役割」
8月10日(月) 別宮 耕一先生「楕円曲線と暗号」
 
 8月9日(日),8月10日(月)に公開講座「夏休みの数学2015」が理工学部2号館で開催され,今年度も高校生から一般の方まで両日合わせて35名の参加がありました。中には2年連続,3年連続と参加してくれた方々もあり,数学への関心の高さが感じられました。
 
 
150810-1.jpg8月 9日(日)
 10世紀に生まれたアル・ビールーニーが,高い山の海抜値を三角測量で測定し,その山頂から見た水平線の伏角を測定して,地球の半径を求めたというお話をしました。サイン,コサイン,タンジェントは人間生活の役に立ちます。
 
 
150810-2.jpg