学科案内

HOME  学科案内

学科案内

学科概要

 弘前大学 理工学部 知能機械工学科では、安全・安心な社会を構築するための未来型知能機械の設計・開発に取り組んでおり、ライフサイエンス、医用工学、環境科学、エネルギー工学、ナノテクノロジー、ロボット、航空宇宙に関する教育・研究を行っています。

 知能機械工学は、理科や数学などの理数系科目を基礎として、それらを発展した機械工学と情報工学を融合し、社会問題の解決に応用するための学問です。知能機械工学科では、"4力"といわれる機械力学、材料力学、熱力学、流体力学を基盤とした機械工学と、電気・電子回路、計測・制御工学、プログラミングなどの情報工学とを融合した学問を学ぶことができます。そして、それらの学問を学ぶことで自然環境や人間社会で生じる様々な問題を、新たな知能機械システムの創造を通して、工学的に解決する能力を身につけることができます。

 知能機械工学科の卒業生および大学院修了生の多くは、大学で学んだ知識を活かせる機械系関連企業または情報系関連企業に就職しています。具体的には、
  • 医用・医療機器、福祉機器関連業種
  • 電力、ガスなどのエネルギー関連業種
  • 自動車、航空機、船舶、鉄道などの輸送機械関連業種
  • 建設用機械および建設関連業種
  • 鉄鋼、金属などの材料系関連業種
  • 情報端末、家電、電子機器などの関連業種
  • システム制御用ソフトウェアなどの情報系関連業種
  • 公務員(一般職、技術職、高校教員)
などに就職しています。

教育理念

 「機械工学の基礎」および、その発展・応用として機械工学と情報工学を融合した「知能機械工学」を習得することによって、未来型機械システムを設計開発する能力を持つとともに、技術革新や国際競争に柔軟に対応できる思考力と想像力を持つ技術者・研究者を育成します。

学習・教育目標

「基本に戻って考え、自ら創意を持って実行する技術者を目指して成長しよう。」
シンボル
(A) 技術者としての人格形成と倫理観の養成 (頭と心を兼ね備える)
(B) 工学基礎と専門知識の習得 (基礎と専門をしっかり身につける)
(C) 実践的応用能力と計画遂行能力の養成 (自分で工夫する)
(D) 表現力と国際性の養成 (人にわからせる)
(E) 複合領域の理解と知的探究心の養成 (好奇心と探求心を備える)

 
 

国立大学法人 弘前大学
理工学部 知能機械工学科
学科事務

〒036-8561
青森県弘前市文京町3番地
TEL & FAX : 0172-39-3684

E-mail :
mech[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を @ に変えてお送りください。

電話でのご連絡は、平日10:00~12:00及び13:00~15:00の間にお願いいたします。
入試など、全学的な業務につきましては、大学の窓口へお問い合わせ下さい。

知能機械工学科Webサイトのポリシーは、
弘前大学Webサイトのポリシー
に準拠しています。