学生生活

HOME  学生生活  在校生の声

在校生の声

ずっと「ものづくり」を続けていきたい角濱 孝史 君

message_s02.jpg 僕の学科の学生たちは、研究に対して意欲的。指導にあたる学科の先輩たちは優しく、教授も学生の将来を真剣に考えて授業をしてくれます。僕が思うこの学科の一番の魅力は、作りたいものが作れること!そのためには広く学ぶことが大切。現在は、流体力学、機械力学など力学を中心に学んでいます。力学は、何かを作る際に必要な知識。また、計算力を高めるための数学・物理や、プログラミングの授業もあります。
 将来は研究者など、ものづくりに携わる仕事がしたいので、今後も多くを学んで、自分の力にしていきたいです。

 

ロケットをつくりたい。榎本 祐二 君

在校生の声(榎本祐二君) 結晶粒の超微細化による高強度金属材料の作製と、強度評価に関する研究を行なっています。機械材料学や材料強度学の分野を探求したいと思ったのは、航空宇宙関連の仕事に就きたいと考えたからです。将来の目標は、ロケット製造に関わることです。研究室では少人数ならではの行き届いた指導が受けられますし、様々な専門性を持った先生方が対応してくださるので、実りある研究活動を実現できます。学んだ理論や、能動的な研究への取り組みを活かし、目指す道を歩んでいきたいです。

 
 

弘前大学へ(学園だより『新学期を迎えて』、新入生の声より)新宅 正和 君

在校生の声(新宅正和) 弘前大学へ入学して、講義やサークルなどの高校とは大きく変わった環境に戸惑いながらも過ごすうちにもう一か月が過ぎました。思い返せば入学前は新しいことに期待と不安で胸を膨らませていました。今では忙しい中でも楽しみと喜びで胸がいっぱいです。
 私の所属している知能機械工学科で、私はクラス委員というものをしています。最初はうまく役目を果たせるのか不安でしたけど、みんな優しく接してくれて、友達もたくさんできたので毎日が楽しくなりました。
 私は勉強が苦手なのですが、講義は自分で選択して受けるということが新鮮で、興味のある講義を受けることが楽しく、モチベーションが持続するので、新しくできた同じ学科の友達と単位をとれるように頑張りたいです。
 これからの4年間しっかり学び、時には遊びながら過ごしていきたいです。
 

新入生の皆さんへ(学園だより『新学期を迎えて』、在校生の声より)木村 竜男 君

在校生の声(木村竜男君) 新入生の皆さん、弘前大学に入学おめでとうございます。新たな環境での生活に戸惑うことも多いかと思いますが、新入生が初めにすべき大切なこと!それは、広く人間関係を築くことです!サークルに入るのを迷っている人は是非入ってください。講義を受けているだけではできない他学部の友人・知人ができ、多種・多様な話が聞けて視野が広がること間違いなしです。皆さんにはまだまだ先ですが、4年生になると卒業研究が始まります。そのときにも他分野の友人・知人との関係がきっと役に立ちます。また、楽しい学園生活を送るのに必要なものは、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力とは自分の考えを整理し的確に相手に伝えること、また、相手の話を良く聞き理解することです。この能力をぜひ磨いてください!楽しい学園生活にも行き詰まることは必ずあります。ですが、ピンチのときに適切にSOSを出せるコミュニケーション能力があれば、きっと突破口を開くことができます。友人、知人そして先生たちとたくさん話すよう心がけることは本当に大事なことです。あと大学生活で大切なことは、何でも、とにかくEnjoy !常に積極的にそして真剣に取り組めば、それはきっと楽しく大切な弘前大学での想い出になるでしょう。すばらしい大学生活を送れるよう、何事にも積極的に挑戦しましょう!!

 
 
 

国立大学法人 弘前大学
理工学部 知能機械工学科
学科事務

〒036-8561
青森県弘前市文京町3番地
TEL & FAX : 0172-39-3684

E-mail :
mech[at]hirosaki-u.ac.jp
[at]を @ に変えてお送りください。

電話でのご連絡は、平日10:00~12:00及び13:00~15:00の間にお願いいたします。
入試など、全学的な業務につきましては、大学の窓口へお問い合わせ下さい。

知能機械工学科Webサイトのポリシーは、
弘前大学Webサイトのポリシー
に準拠しています。