大学院 紹介


 大学を卒業した学生はさらに深く広く,研究・学修ができる大学院へ進む道があります。
 通常の修業年限は博士前期課程が2年,博士後期課程が3年です。

学びのポイント

先進的な教育・研究環境のもとでの高度専門教育・大学院理工学研究科

 理工学部に接続する大学院理工学研究科博士前期課程・博士後期課程では,先進的な研究施設のもと,理学と工学を融合した理工融合教育を特徴とする理工学部での教育・研究をさらに進めた高度専門教育を受けることができます。

学際性を重視した理工融合を特徴とする高度専門教育・博士前期課程

 博士前期課程では,基礎学問を探究する理学及び産業に直結した工学といった従来の既成概念にとらわれない,基礎と応用及びその境界領域を含む,学際性を重視した理工融合を特徴とする高度専門教育を行っています。

総合的な判断力を持った高度専門職業人及び研究者の養成・博士後期課程

 博士後期課程では,理学や工学の既成概念にとらわれない科学技術の高度化・多様化に順応できる幅広い視野,高度専門職業人及び研究者として学際的課題を解決し得る柔軟で総合的な判断力の養成に重点を置いた教育を行っています。

理工学研究科 博士前期課程

専 攻コース研究分野
理工学専攻数理科学コース数理科学
物理科学コース固体物理学 宇宙物理学
物質創成化学コース有機化学 物理化学 無機・分析化学
地球環境学コース宇宙論宇宙線 環境化学 気象学
地質学・岩石学 地震学 自然防災工学
電子情報工学コース電子工学 電子情報機器学
情報工学 計算工学
知能機械工学コース機械材料機能学 多様系熱流体工学
計測制御工学 医用システム工学
新エネルギー創造工学コースエネルギー材料工学 エネルギー変換工学
地球熱利用総合工学 電動システム工学
社会人入学特別コース※上記7コースから主専門教育コースを選択
※主専門教育コース以外の6コースから副専門教育コースを選択

理工学研究科 博士後期課程

専 攻専攻分野教育研究上の目的
機能創成科学機能材料科学 現代の技術革新を支える新機能・高付加価値材料の創成とその高機能デバイス設計・開発を目指して,化学的手法を用いる機能材料科学と物理的手法を用いる材料プロセス工学の教育研究を推進し,自立して研究開発ができる研究者や高度専門職業人を養成する。
材料プロセスエ学
安全システム工学環境安全科学 自然防災や社会的防災に対する危機管理やセキュリティ対策等に関し総合的・学際的見地から取り組み,地域社会の質向上と同時に,地域の安全管理に実践的に関わることのできる研究者や高度専門職業人を養成する。
システムエ学

私の研究生活

新しい研究に取り組む際には 第一人者としての自覚を持ち
"慎重かつ大胆"を心掛けます。

理工学研究科 博士前期課程
理工学専攻 物質創成化学コース2年
(平成26年度)
小野 真司さん

 界面化学を研究しています。化学的な考え方や実験技術を身につけたいと大学院進学を決めました。界面化学は多種多様なものに用いられ,オリジナルの研究の可能性が広がっている分野です。卒業後は研究職か企業での商品開発,大学と企業をつなげる役割を担っていきたいとも考えています。実験では化合物の合成に成功した時や物性の評価で良い結果が得られた時,失敗続きの後などは特に充実感があります。「もう少し気楽にやっていこう」という先生の言葉を受け,失敗を糧として「計画は慎重に実験は大胆に」を心掛けています。

教員からのアドバイス

科学の世界の探求には学ぶことの素晴らしさを知り
困難に打ち勝つ努力が必要。

物質創成化学コース
鷺坂 将伸准教授

 学生には研究を通して他大学や企業・海外の研究者と交流し協力して研究を行うこと・議論すること・新しく学ぶことの有意義さを知ってもらうよう指導しています。小野さんは積極的な発表で2014年度日本油化学会年会で学生奨励賞を受賞しました。現在,地球上で起こっている世界規模の問題のほとんどは,科学の発達によって解決できると考えられています。ここでは科学の世界を探求し,基礎から最新の科学を利用して環境・エネルギー・防災など困難な課題に対し解決の礎となる物質・技術・方法を求め研究を行っています。