自然エネルギー学科

学びのポイント

多様な視点から課題を解決できる人材の育成

自然エネルギー・再生可能エネルギーに関するさまざまな課題を俯瞰的視点から解決できる人材の育成を目指します。

資源からエネルギーシステムまでの総合的な学習

エネルギー資源・変換・輸送・貯蔵・利用に関する分野を基本として,エネルギーシステムや社会との連携まで,グローバルな視点で学習します。

地域のニーズとエネルギー問題の解決に向けて

地域に豊富に存在する自然エネルギー源の利用に熱意をもち,自然科学と社会科学の知識を総合的に活用できる人材の育成を通して地域への貢献を目指します。

幅広い分野のエネルギーを学べる
全国でも数少ない学科です

自然エネルギー学科2年(平成29年度)
齊藤 陽南さん
[青森県立弘前中央高校出身]

 本学科は全国でも数少ない,幅広い分野のエネルギーについて学ぶことができます。 学部生の人数が比較的少ないため,友達との親睦が深めやすい学科でもあると思います。 地域に適したエネルギー開発に興味があるので,研究室では天候にあまり影響されない,エネルギー変換効率が高い発電方法について取り組んでいきたいです。 卒業後は学んできた知識を生かせる,電力会社や電気自動車に重点を置く企業への就職を考えています。

教員からのアドバイス

深刻化するエネルギー問題の
解決策に挑む!

于 涛助教

 化石燃料資源の減少にともない,エネルギー問題は世界中でますます深刻になりつつあります。 本学科では,エネルギーの収支と経済性および環境影響に着目し,太陽光・太陽熱・風力・バイオマス・地熱などの自然エネルギーを中心とする多様なエネルギー分野の研究に取り組んでいます。 また,講義による基礎知識の教授にとどまらず,実際に手を動かす実験や実習に重きをおくことで,自然エネルギーの関連知識をもって様々な分野で活躍できる研究者や技術者の育成をめざしています。 学生たちには進んで学ぶ姿勢の大切さを理解させるとともに必要な知識や理論を修得させ,さらに観察力と論理的思考力が身につくように指導しています。

取得できる資格・免許

中学校教諭一種免許状(理科)
高等学校教諭一種免許状(理科)

主な専門科目

放射線科学資源探査学計算機プログラミング電気工学気候システム学地下水文学自然エネルギー学概論自然エネルギー実験低炭素エネルギー学エネルギー化学エネルギー変換工学流体科学エネルギー材料工学エネルギー電気化学エネルギー物理化学エネルギー量子物理学エネルギー貯蔵・輸送論波動・振動論省エネルギー技術概論伝熱工学環境アセスメント概論

教職員紹介

氏名役職専門研究内容
阿布 里提教授エネルギー工学水素・燃料電池を柱とし、地域自然エネルギー資源を有効に使う先端技術「材料・デバイス・システム」に関する研究
石山 新太郎教授先進エネルギー変換工学従来の地熱より高温の熱源からのエネルギー抽出など先進エネルギー変換工学技術の開発を進める
小林 史尚教授環境生物資源学環境保全を目的とした生物資源のエネルギー変換プロセスの開発に関する研究
佐々木 一哉教授エネルギー変換工学持続可能な社会のための発電とエネルギー貯蔵のための材料とシステムの研究
任 皓駿准教授エネルギー材料科学新たな太陽光エネルギー材料を開発
基礎物性(電子構造)解明から応用(次世代太陽電池)までを研究
島田 照久准教授エネルギー気象学風力エネルギー分野への気象・気候情報の応用についての研究
千坂 光陽准教授熱工学・電気化学次世代のエネルギー変換デバイスとして期待される燃料電池触媒ならびに触媒層に関する研究
于 涛助教環境保全技術学火力発電所から大量に排出された二酸化炭素をハイドレートの形で海底に貯留する研究

専門教育科目,履修モデル,カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

各種情報ページ

-->