機械科学科

私の研究生活

学びや経験を糧に,
ものづくりは,自分づくりだと思う。

知能機械工学科4年(平成28年度)
駄賃場 秀平さん
[青森県立田名部高校出身]

 機械やものづくりに関心があったので,大学で機械工学に関する専門的な知識や技術を学び,将来のものづくりの現場で活かしていきたいと,この学科を選びました。社会に出て役に立つ知識や経験,自分で考える力が身につきます。4つの専門分野があり,機械について自分のやりたいことを選べるのも魅力。勉強するにつれ材料工学に興味が湧き,紙川研究室を選択しました。紙川先生はとても熱心で,分からないことも徹底的に教えてくれます。今後は大学院に進み研究を継続したいと思っています。将来は人々の役に立つ「モノ」をつくれるように,大学で培った知識と技術を活かしたいと思っています。また,学びはもちろんですが,資格取得やバイト,サークルなど,いろんな経験をして自分の糧にしてください。

教員からのアドバイス

自ら考え主体的に行動できる力を養い,
将来社会で活躍してほしい。

紙川 尚也准教授

 駄賃場さんは,金属材料内部で強度分布を持つ強度傾斜材料の創製方法を確立するという研究に取り組んでいます。研究とは,これまでに誰もがやったことのない新しい課題を解決していくプロセスであり,正解が予め用意されているわけではありません。日々の実験を通して失敗・成功を繰り返しながら地道に考え,答えを見つけていくしかありません。大学での研究生活を通じて,自ら主体的に考えて行動し,問題を解決していく能力を養い,将来社会で自立した人間として活躍してもらいたいです。

学びのポイント

ロボットなどの知能化機械や医用システムなど未来の機械を創造するエキスパートを養成

コースの特徴

知能システムコース

2年次前期までに機械工学の基礎を修得,2年次後期からはコースに分かれ,知能化機械技術者として国際的に活躍できる多様で柔軟な思考力と創造性を育みます。

医用システムコース

2年次前期までに機械工学の基礎を修得,2年次後期からはコースに分かれ,新産業分野として期待される医用システム産業に対応できる専門性の高い人材を目指します。

取得できる資格・免許

高等学校教諭一種免許状(工業)

主な専門科目

材料力学流体力学機械力学工業熱力学応用力学機械要素学制御工学計測工学信号・画像処理工学メカトロニクスロボット工学人間医工学生体機械工学伝熱工学計算力学機械材料工学材料強度学機械加工学生体情報工学生体組織工学医用光工学マイクロ・ナノマシニング生産システム工学信頼性工学機械製図基礎機械科学基礎演習創造実習

専門教育科目,履修モデル,カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

各種情報ページ