地球環境防災学科

私の研究生活

気象データの処理・解析を通して
地球環境問題の理解を深めたい。

地球環境学科4年(平成28年度)
増田 南波さん
[東京都立北園高校出身]

 以前から気象学に興味を持っていましたが,高校3年生の地学の授業で,気象以外にも地震,火山,鉱物,宇宙と,もっと知りたいと思うことが増えました。それがきっかけで,地球環境の幅広い分野を学べる弘前大学地球環境学科を選びました。この学科の特長は,地面の下から宇宙まで幅広い分野を学べることです。また様々な実験やコンピュータでのデータ処理・解析,フィールドワークも魅力です。東京での気象学会の聴講では,論文発表や学会の雰囲気に強い刺激を受けました。グローバルな視点を持つことの大切さも知り,英語の論文を読むようにとアドバイスされ,最初は戸惑いましたが少しずつ理解できるようになりました。将来はこの経験や知識をさらに深めるために大学院を目指したいと思っています。

教員からのアドバイス

気象学の基礎を身につけ,
データ解析で新たな発見を。

谷田貝 亜紀代准教授

 地球環境防災学科の魅力は,物理・化学的基礎を身につけることと,フィールドサイエンス,災害・防災の学びの全てが可能であることです。対象も宇宙から地中までと広く,学びを深めたいことをきっと見つけることができます。気象学研究室のテーマ「降水・積雪」をはじめとした気象データ解析は地味な作業を含み,慣れるまでは大変ですが,自分で解析ができるようになると,世界で初めて図化したり,発見もあるので,じっくり取り組んで欲しいと思います。

学びのポイント

地球環境の各領域を総合的に教育・研究

地球を取り巻く宇宙空間,生活に深く関わる大気や水,構造物を支える大地の構成物質や性質,地球の活動についての理解を深めると共に,これを一連のシステムとして捉えることができるような教育研究を実施します。

地球と人類のより良い共存
 

地球の環境の理解に基づき,人間の生活を脅かす環境変化のメカニズムや,災害を軽減する技術を理解した人材を育成します。

自らの手で地球や宇宙を探求

野外での調査・観測など,地球のさまざまな姿に直接触れる実習・実験を行います。卒業研究では,学科に密接に関係する施設である,地震火山観測所,寒地気象実験室,Xバンド気象ドップラーレーダーなども活用し,宇宙や地球の未知の領域に迫ります。

取得できる資格・免許

中学校教諭一種免許状(理科)
高等学校教諭一種免許状(理科)

主な専門科目

地球環境学概論自然災害学概論天文学気候システム学固体地球物理学地質学環境地球化学岩石・鉱物学空間情報学自然防災学地球環境防災総合演習科学技術英語理工系の数学力学地球熱力学コンピュータ演習地球流体力学気象学宇宙物理学相対性理論放射線計測学層位学・古生物学地震学地震防災学建築構造学構造力学地震工学防災地質学防災気象学
※他に実験・実習・演習があります

専門教育科目,履修モデル,カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

各種情報ページ