数物科学科

私の研究生活

研究対象は「宇宙物理」
相対論で理論的に探求します。

物理科学科4年(平成26年度)
石原 朝日さん
[東京都東亜学園高校出身]

 物理学を専攻したのは中学3年の時に読んだアインシュタインに関する本の記述,「相対論」に興味を持ったからです。高校では物理はもちろん化学や数学など他の分野にも触れ,自分が取り組みたいことを見極めたうえで物理学を専攻することに決めました。大学では「宇宙」が研究対象。主に相対論を用いて理論的に研究を進めているのですが,苦労して成果を得られた時はもちろん,その過程にも充実感を感じます。反面,研究過程では自分の未熟さや了見の狭さを思い知らされたりもしますが,そこは,自分が成長できる余地であり先に進む糧ともなっています。学科の魅力は仲間と議論を重ねられること。時に悔しい思いもしますが,発見もあり自身の成長につながっています。

教員からのアドバイス

人類にとっての謎に迫る
研究の楽しさを知って欲しい。

浅田 秀樹教授

 高度な数学と最先端の物理学を学べることに特徴がある学科です。宇宙物理分野を扱う地方大学は少ないのですが,最近,大学院の学生が宇宙論・相対論分野の国際会議で優秀発表賞を受賞しました。石原さんは特定のテーマに偏らず,物理学における広い分野への興味や多方面からの視点で望む姿勢が良いですね。今後も研究の楽しさを知り難題に挑戦していってください。

コースの特徴

数理科学コース

数学の基礎理論を体系的に学ぶとともに,自然系や社会系の応用を視野に入れた数理モデル解析の演習科目等に取り組みます。

物質宇宙物理学コース

機能性新材料分野と宇宙物理学分野を中心に,基礎的な自然法則に対する興味を喚起し,その応用展開への道筋の理解を進めるための教育を行います。

応用計算科学コース

数学,物理学,情報科学の基礎を学び,それらを社会現象のモデルに当てはめ,複雑な問題を解決するための能力の修得を目指します。

取得できる資格・免許

中学校教諭一種免許状(数学・理科)
高等学校教諭一種免許状(数学・理科)

主な専門科目

代数学ベクトル解析微分方程式解析学幾何学力学電磁気学量子力学熱力学統計力学物理数学固体物理学半導体物理学相対性理論宇宙物理学計算科学基礎演習応用数理演習実解析演習離散数学解析力学X線解析学量子機能創成論結晶材料制御学計算機演習経済学入門最適化理論数理経済学ゲーム理論

専門教育科目,履修モデル,カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

各種情報ページ