大学院博士後期課程のカリキュラム

理工学研究科博士後期課程シラバス(平成28年度)

理工学研究科博士後期課程 カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー

1.修了時の到達目標

  • 理学や工学の既成概念にとらわれない科学技術の高度化・多様化に順応できる幅広い視野を身に付ける。
  • 専門技術者・研究者として活躍できる課題探究・問題解決能力を獲得する。
  • 学際的課題を解決し得る柔軟で総合的な判断力を獲得する。

2.教育課程編成の方針

 博士後期課程では,理学や工学の既成概念にとらわれない科学技術の高度化・多様化に順応できる幅広い視野,目覚ましい進展を遂げる科学技術に柔軟に対応できる能力を有する高度専門職業人及び研究者として活躍できる課題探究・問題解決能力ならびに学際的課題を解決し得る柔軟で総合的な判断力の養成に重点を置いた教育を行います。

3.成績評価基準

 理工学研究科では,博士後期課程授業科目の成績評価基準を次のように定めています。

講義・演習・実習
(1)平常評価と期末評価を総合して評価する。なお,演習・実習では平常評価のみでも行うことができるものとする。
(2)平常評価は,小テスト,ミニレポート(宿題),平常の発表等で行う。
(3)期末評価は,期末試験,期末レポート,期末発表等で行う。
秀 ( 100 ~ 90点 )修得した高度の専門的学識及び能力を相互に関連付けて応用できる
優 ( 89 ~ 80点 )修得した高度の専門的学識及び能力を応用できる
良 ( 79 ~ 70点 )高度の専門的学識及び能力を修得している
可 ( 69 ~ 60点 )最低限必要な高度の専門的学識及び能力を修得している
不可 ( 59 ~ 0点 )最低限必要な高度の専門的学識及び能力を修得していない

4.学位審査

 博士論文の評価は,博士後期課程担当教員5名からなる審査委員会において,論文審査と最終試験によって厳密に行います。

機能創成科学専攻
1.教育課程の概要
 理学と工学の融合による基礎と応用の一体化を展開し,学際的課題を解決し得る教育を行い,目覚ましい進展を遂げる科学技術に柔軟に対応でき,企業の即戦力として研究開発から生産に結び付けることのできる高度な専門職業人および自立して研究開発のできる研究者の養成を教育の目標とします。
2.到達目標
(ⅰ) 知識・理解
  • 専門分野に関する深い知識と体系的な理解および洞察力を獲得する。
  • 学際分野に進出できる柔軟な思考力を獲得する。
  • 異分野との融合への強い関心と理解を示す。
  • 高度な専門職業人・研究者としての社会的責任を自覚する。
(ⅱ) 当該分野固有の能力
  • 最先端の研究を行い,その成果を国際的に発信する能力を獲得する。
  • 広い意味での物つくりに対し,理学的・工学的・社会的視点に立脚した俯瞰的な理解と応用力を獲得する。
  • 21世紀社会での学際的課題の立案・解決能力を獲得する。
(ⅲ) 汎用的能力
  • 日本語を含む二カ国語でのコミュニケーション能力を獲得する。
  • コンピュータを駆使した高度なデータ解析や可視化の手法を獲得する。
安全システム工学専攻
1.教育課程の概要
 理工融合を進めることにより学際的課題を解決し得る教育研究を行い,自然と調和した安全な社会の構築に必要な能力を有し,自然環境の保全,地域社会の安全・安心の向上等に実践的に関わることができる,高度専門職業人および研究者を養成することを教育の目標とします。
2.到達目標
(ⅰ) 知識・理解
  • 専門分野に関する高度な知識を体系的に理解する。
  • 学際分野に進出できる柔軟な思考を修得する。
  • 異分野との融合への強い関心と理解を持つ。
  • 技術者としての社会的責務の自覚を持つ。
(ⅱ) 当該分野固有の能力
  • 自然と調和した豊かで安全な社会の構築に必要な総合的・学際的な能力を修得する。
  • 地域社会の質向上,地域の安全管理等に実践的に関わることができる能力を修得する。
(ⅲ) 汎用的能力
  • 地球的視野および歴史的視点から多面的に物事を考える。
  • 種々の情報や技術を統合して活用する。
  • 解決すべき課題を先見的に認識し,創造的に問題を解決する。
  • 社会の貢献に資する研究を行い,その成果を国内外に発信する。
  • 高度専門職業人および研究者として自律的,継続的に活動する。

弘前大学教育情報 カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー